読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

CHIHO’s blog

旅や食から心理、スピリチュアルなど好きなものを発信します

香港と言えば。。。やっぱ、飲茶(腸粉編)

香港 香港 飲茶

こんにちは、CHIHOです。

 

書きたい意欲は山ほどあれど

「苦難?は続く。。。」に書かせてもらったように

説明を後押しする写真がない。

 

百聞は一見にしかず  よねぇ。。。

 

でも、くじけませんよー。(笑)

 

この回では具体的なお店を紹介するより

書きたい気持ちを尊重?して

飲茶の写真を使いながら

飲茶について書いていきます~^^

 

f:id:chihonakajima:20151019132408j:plain

MTR中環駅近くのレストラン 2015年)

 

上の写真は、今年香港へ面接を受けに行ったときにお世話になった

エージェントの方に連れていってもらったレストランでの飲茶です。

 

メジャーどこのメニューが並んでますが、右の白い皿にのってるのは

腸粉

f:id:chihonakajima:20151019160636j:plain

(拡大写真)

という どメジャーな飲茶です。

 

私、この腸粉 おいしいと思ったことがなく

ビジュアルに惹かれて友人がオーダーする以外、自ら頼んだことがありません。

 

三人で卓を囲んでたんですが、広東語ペラペラエージェントさんに

オーダーはお任せして、もう一人のエージェントさんとしゃべってたんです。

(たとえオーダーに聞き耳を立てていても、広東語なので分からないし)

 

で、

腸粉 登場!!!

 

と、認識した瞬間。

 

広東語ペラ子さんが

 

ザっとたれをかけ

ザクザクザクっとスプーンでカット

 

したのです。

(写真はカット後のもので、提供時は春巻きのように長いまま運ばれてきます)

 

唐揚げのレモンよろしく、「かけていい?」なんてことわりもなく

ザクザク躊躇ないペラ子さんの姿に私は

 

そ、そうやって食べるのかーーーっ!?

 

顔にも、声にも出しませんでしたが(顔には出てたかも)

初めての食べ方を目に、驚愕しきり。

 

こうして整えられた腸粉は本当においしかった!!!

 

私は食べ方を知らなくておいしさを引き出せてなかったんだと。

長いままベロっと取り皿にとり、チマチマ切りながら食べてたのは間違いなんだと。

 

学習したのは言うまでもありません。

 

 

おさらい 腸粉の食べ方

 

1.運ばれてきた腸粉に、いっしょに運ばれてきたたれを、

  間髪入れずかける

2.長いままの腸粉を3~4等分の長さに、スプーンなどでザクザク切る

 

こうして一口大に整えられた腸粉は

本当においしかったのです。(2回目)

 

知らなかった方は、一度こうして食べてみてください。

違う世界が広がるかも。(笑)

 

【関連記事】

香港 カテゴリーの記事一覧 - CHIHO’s blog

香港で飲茶 食べてほしい点心~あれこれ - CHIHO’s blog

香港と言えば。。。やっぱ、飲茶(ワゴン編) - CHIHO’s blog

香港のお粥は伊達じゃない~マストごはん 『羅富記粥麺専家』 - CHIHO’s blog

11月の連休にどうでしょう? 香港でしか食べられない?ゴムゴム麺~(笑) - CHIHO’s blog

香港の牛乳プリンと言えば。。。『義順牛奶公司』 - CHIHO’s blog