読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

CHIHO’s blog

旅や食から心理、スピリチュアルなど好きなものを発信します

イタリアの旅行記 ピサの観光地のまとめ ①

今晩は CHIHOです。

 

ピサの斜塔のある『ドゥオーモ広場』以外の観光地を紹介します~^^

 

 

ソルフェリーノ橋界隈

 

f:id:chihonakajima:20151025110310p:plain

 

 

★サンタ・マリア・デッラ・スピーナ教会

f:id:chihonakajima:20151026174635j:plain

(サンタ・マリア・デッラ・スピーナ教会 ピサ 2013年)

 

アルノ川沿いに建っており、紹介したシーフードパスタのレストラン

オステリア・サン・パオロ

からも数分で来れる場所にあります。

イタリアの旅行記 本場のパスタデビュー!はピサでした~^^ - CHIHO’s blog

 

この道を歩くだけでも景観が素敵でした。

 

アルノ川に飛び出すかのようにたたずむ、ロマネスク=ゴシック様式の美しい小さな教会。1230年に建てられ、ゴシック様式の繊細な尖塔、彫像、浮き彫りが目を見張ります。もとはオラトリオ(祈祷所)だったのですが、14世紀の初めに拡張されたそうです。二つの扉、二つのアーチ、二つのバラ窓とまるで双子の教会が仲良く並んでいるように見えます。

内部は3つのアーチで構成され、奥内陣にはトッマーゾ・ピサーノ(Tommaso Pisano)の聖ピエトロとジョヴァンニ像があります。

 

引用  斜塔だけでない!ピサの観光名所を案内します

 

 

★サン・パオロ・ア・リーパ・ダルノ教会

f:id:chihonakajima:20151026175737j:plain

(サン・パオロ・ア・リーパ・ダルノ教会 ピサ 2013年)

 

少し外れたところにありますが

こちらも

オステリア・サン・パオロ

から3分ほど距離です。

 

周りには緑が多くとても静かで

人ごみから逃れるにはうってつけの場所です。

 

 925年に設立され1032年に認証された、ロマネスク様式の教会。1092年からVallombrosaniの修道士達がこの教会で活動するようになり、1147年からは修道院となる。12世紀半ばには大聖堂も増築されほぼ現在の形に。14世紀にジョバンニ・ピサーノによって教会の前面部分の装飾(ファッチャータ)が完成する。裏庭には小さな八角形のサンタ・アガタ礼拝堂(Cappella di Sant'Agata)がある。

 

斜塔だけでない!ピサの観光名所を案内します

 

 

こういったピサの穴場を回るのも

おつな気分に浸れ「イタリア人」になり切れるかも^^

 

【関連記事】

イタリアの旅行記 ピサ 記事一覧 - CHIHO’s blog