CHIHO’s blog

旅や食から心理、スピリチュアルなど好きなものを発信します

香港でしか食べられないグルメ ゴムのようなコシの『幼麺』は生麺ならではの美味しさっ!!!

f:id:chihonakajima:20170801160747j:plain

 

今晩は CHIHOです。

 

香港でしか味わえないゴムゴムしたコシの麺は
訪香港で必ず味わう香港フードの一つです~。

麺好きの私は行く先々で麺を食べますが
この麺は香港でしか今のところ食べられません~

今回はこの麺について綴っていきます^^

 

 

 

ゴムゴム麺とは?!

これは私が勝手に名付けているものですが
それくらい独特のコシがある麺です。

日本でも食べよう!!!と
行くたびに色んな乾麺を買って帰るのですが
やはりこの食感は『生麺』からくるらしく
香港でしか食べられないのです。。。。。

代表的なのは主にエビ雲吞麺に使われており
幼麺(ヤウミン)と呼ばれています。

f:id:chihonakajima:20170801151550j:plain

 上の写真のようにとても細長くビジュアルも食感もまるで輪ゴム~
(こう表現すると食欲無くしそうですが 苦笑)
なので私は勝手に「ゴムゴム麺」と呼んでいますw

かんすいを使っているのでしっかりした歯ごたえがあり
卵を使っているものは特に黄色みがかっています。

日本でも一般的にラーメンなどの中華麺には
かんすいが使われていますが
そのコシは日本の比ではなく食感も独特で
とてもとても美味しいのです。

 

  

ゴムゴム麺は2種類の食べ方がある

スープに入ったラーメンスタイルと
器に麺と具材、お椀にスープという分かれたスタイルと
2種類の食べ方があります。

私はラーメンスタイルが好きなのですが
オーダー時に店員さんとうまく意思疎通を図れず
別分けタイプが出てくることも。。。(涙)

 

  • ラーメンスタイル

f:id:chihonakajima:20170801150836j:plain

お椀にスープと具材と麺という代表的なスタイル。

初めての人にはやはり鮮蝦雲吞麺エビ雲吞麺がおすすめ!!!

ここで注意したいのが雲吞の文字
というのも雲吞と表記されたメニューには
・雲吞麺
・雲吞スープ
のいずれかの可能性があり
下手に指さしオーダーをすると
「麺無し」の雲吞スープがやってくることも!!!

必ず「麺」の文字付きか
「麺カテゴリー」からオーダーしてください。

 

また極細の麺がのびないように
雲吞を先に器に入れるお店も多く
いざ運ばれてきたら写真のように
麺に隠れてしまい表面がまっ平らなことも。

「雲吞はいずこっ?!」と焦らずに
まずは底を探ってみてください^^

 

  • 別分けタイプ

f:id:chihonakajima:20170801153257j:plain

前述のように
お皿に麺と具材、汁器にスープと
別々に盛られて提供されます。

正直、初めてこれがテーブルに置かれたときは
「そんなつもりはなかったのに~」
とビックリ&ガックリ!!(笑)

今でも初めてのお店では
エビ雲吞麺1つオーダーしても
予想外のトリッキーなものが出てきたりして
いつもドキドキしています(笑笑)

そこで失敗しないように
「撈麺」の表記に要注意!です~

 メニューにこの表記があるものは別々で出てきます~

 正しい食べ方はよくわかりませんが
香港人が食べているのを観察してみると
スープを麺に少しかけ、ほぐしながら食べていました。

上に乗っている具材によっては
スープを掛けなくてもほぐれるモノもあるので
その時はそのまま食べることも。

自己流で好きなように食べていいみたいです~^^

 

f:id:chihonakajima:20170801154835j:plain
エビ雲吞麺 撈麺タイプ
麺の上にはオイスターソース
麺の下にはエビ雲吞が!!!
香港人はスープに手を掛けず
ソースと麺をグリグリに混ぜ食べていた

 

 

まずはチャレンジを~

私は主にフラフラと行き当たりばったりで食べるのですが

  • お客さんがよく入っている
  • 値段が私の許容範囲内(20~30HK$)

という2点にこだわって選ぶと
平均的にどこも美味しくあまり失敗することもありません。

なので行った先々でトライしてみても大丈夫だと思いますし
新しい発見もあったりして楽しいです。

その中でも一番のおすすめは
佐敦(ジョーダン)界隈にある麥文記麵家

自家製手打ち麺を使っており
エビ雲吞のエビもプリプリで絶品です!!!

場所などの詳細はこちらをどうぞ~^^

香港で暫定一位のエビ雲吞麺は偶然見つけた『麥文記麵家』 ガイドブックにも載る有名店でした~ - CHIHO’s blog

 

 

まとめ

この幼麺の食感は
国内外問わず香港でしか食べられない逸品です。

高いレストランに行けば
日本でも食べられるのかもしれませんが
香港で安く食べられることを知った後では
正直食べようとは思えない。。。(苦笑)

それだけに香港に行った際には
ぜひ試していただきたいおすすめのB級グルメです~^^

 

 

  

【関連記事】

香港 粥・麺 カテゴリーの記事一覧 - CHIHO’s blog

香港 カテゴリーの記事一覧 - CHIHO’s blog