CHIHO’s blog

旅や食から心理、スピリチュアルなど好きなものを発信します

11月の連休にどうでしょう? 香港でしか食べられない?ゴムゴム麺~(笑)

f:id:chihonakajima:20151027192327j:plain

今晩は CHIHOです。

 

ゴムゴム麺の写真から始まりました~^^

 

ゴムゴム麺とは?!

私が勝手に名付けてますが

 

代表的なのは

エビワンタンメンに使われてる麺

 

幼麺

 

f:id:chihonakajima:20151028092833j:plain

(朝食ビュッフェ コートヤード バイ マリオット 香港  

 石門 新界エリア 2015年)

 

細くて長くて

ゴムを食べてるかのような弾力です。

(こう表現すると食欲沸かないですかね?(笑)

 

卵を使っているので黄色みがかっていて

かんすいを使っているのでゴムのような

しっかりした歯ごたえがあります。

 

上の写真はフラフラ歩いてて見つけたお店です。

場所は尖沙咀界隈だったと思います。

ここは特別おいしくはなかったです。。。(笑)

 

ゴムゴム麺は2種類の食べ方がある

スープに入ったラーメンスタイルと

写真のように器に麺と具材、お椀にスープという分かれたスタイルと

2種類の食べ方があります。

 

私はラーメンスタイルを食べたいんですが

ちょいちょいトラップに引っかかって

写真のような別分けタイプが出てきます。(涙)

 

  • ラーメンスタイル

お椀にスープと具材と麺という代表的なスタイル。

初めての人はやはり

鮮蝦雲吞麺!

にレッツトライ!!

注:雲吞の文字だけに飛びついて注文すると麺がない時があります。

  必ず「雲吞」と表記されたものを指さすなどしてオーダーしてください。

注:雲吞が底に眠っているタイプもあります。

  「雲吞がないっ?!」となったら、ひとまず底を探ってみましょう^^

 

  • 別分けタイプ

前述のように、皿などに麺と具材が、湯のみの器にスープが、別々の盛られて提供されます。初めてこれが来た時にはびっくり!!(笑)

 

「撈麺」の表記に要注意!!です

 

この表記のメニューは

別々

で出てきます~

 

食べ方は、スープで麺をほぐしながら食べます。

 

 

ある時

オイスターソースのかかった別分けタイプを食べてる人がいました。 

f:id:chihonakajima:20151028092249j:plain彼女はグイグイ、オイスターソースと麺を混ぜて食べており

スープには一切手を付けてませんでした。

結局、好きなように食べていいんですね^^

 

まずはチャレンジ~

おススメのお店が。。。特にないんです。

(次に行ったらお店が無くなってたことも T^T)

 

今までフラフラと行き当たりばったりで雲吞麺を食べてましたが

  • お客さんがよく入っている
  • 値段が私の許容範囲内(20~30HK$)

という2点にだけこだわって入ったお店は

平均的にどこもおいしく、大差のないものばかりでした。

 

なので、雲吞麺は行った先々でトライしてみても大丈夫だと思います。

新しい発見があったりして楽しいですよ。

 

また通っているうちに

ここはうまい!!!

というお店に出逢えたら紹介したいと思います。

 

【関連記事】

香港 カテゴリーの記事一覧 - CHIHO’s blog

海外旅行で便利な持ち物 私の必須アイテム!!その① - CHIHO’s blog

海外旅行で便利な持ち物 私の必須アイテム!!その② - CHIHO’s blog