読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

CHIHO’s blog

旅や食から心理、スピリチュアルなど好きなものを発信します

香港の気候 11月の連休なら残暑の装いでOK^^ 日本の四季と比較してみました

f:id:chihonakajima:20151029083531j:plain

おはようございます CHIHOです。

 

今回は香港での服装について綴っていきたいと思います^^

 

日本の四季と比較して

気温の特徴と服装の提案をしてみます^^

 

 

香港は亜熱帯気候ーとにかく羽織るものは必須!

1年中を通して冷房がガンガンきいている香港。

日本の夏のオフィスや施設をイメージして

羽織れるものを準備してください。

 

私はわざわざ仕舞っておいた時季外れの服を

引っ張り出すのが面倒なので

その時期、日本で使っているアイテムを工夫して持っていきます。

 

春・夏・秋は綿のカーディガンやストールを

冬はパーカーやウールのストールを

という感じです。

 

 

日本と香港の年間比較

f:id:chihonakajima:20151029090305j:plain

引用 香港の気候(気温・降水量など) | 香港ナビ

 

おおざっぱですが

日本の四季と対比させてみました。

この表を基に該当月を参考にしてみてください~

 

日本の春の時期の香港は。。。3・4・5月

日本の秋の時期の香港は。。。9・10・11月

  • 日本の夏の装いをベースに。 春の初夏、秋の残暑の装い

昼間、街を歩くなら半袖~薄手の長袖でOK。

冷房対策として必ず羽織り物で微調整してください。

 

私は、七分丈袖をベースに

綿の薄手のカーディガンと

綿のストールで行きます。

 

日本の夏の時期の香港は。。。6・7・8・9月

真夏の格好でOKですが、冷房のきき方が半端ありません。

地下鉄の地下道や、お店の前を通るだけでも涼しいので

タンクトップにカーディガンという脱ぎ着できる装いで。

繁華街を散策するなら、羽織りものが無くても

ちょこちょこ店の前にたたずんで涼を取ることもできます。

 

私は、タンクトップ・半袖をベースに 

夏用の綿のカーディガンで行きます。

 

日本の冬の時期の香港は。。。11・12・1・2月

  • 日本の春あるいは秋の装い

日本との季節感で一番ギャップのある時期です。

日本で使うようなコートは要りません。

少し厚手のカーディガンやパーカーで十分です。

それでも不安な方はストールを持参して調整してください。

もちろん冷房はきいてますよ(笑)

 

私は、長袖をベースに

秋冬用の綿の厚手カーディガンと

冬用のウールストールで行きます。

 

あると良いものー雨季対策の傘

香港は亜熱帯。雨季と乾季があります。

 

f:id:chihonakajima:20151029094110j:plain

雨季(5~9月)は傘があると便利です。

私は晴雨兼用の折り畳み傘を持参してます。

 

基本スコールのような雨なので

傘をさして散策する

というよりは

傘をさして雨宿り場所に避難する

という目的で使います。

もちろん、しとしと雨も降ることがありますよ。

 

ちなみに私は晴れ女なので

日傘として使うことがほとんどでした。

 

7月で降ってきたときは

店に入ってお茶したりして

雨を気にせず満喫しましたね。

 

まとめ

  • ベースは夏を基本に、羽織り物で調節。
  • 冬の時期だけ気持ち厚着。
  • 雨季の傘は必須。

寒い国に行くのに比べて、衣類の荷物を少なくできるのが

香港旅のメリットです。

ぜひ、活用してください。^^

 

【関連記事】

香港 カテゴリーの記事一覧 - CHIHO’s blog

海外旅行で便利な持ち物 私の必須アイテム!!その① - CHIHO’s blog

海外旅行で便利な持ち物 私の必須アイテム!!その② - CHIHO’s blog

香港 自力旅のススメ 簡単です~^^LCCチケット予約・購入の手順 - CHIHO’s blog