読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

CHIHO’s blog

旅や食から心理、スピリチュアルなど好きなものを発信します

屋久島に行ってきました^^ 元移住者が巡るおすすめの屋久島 ドライブ編

屋久島

f:id:chihonakajima:20160428120446j:plain

こんにちは CHIHOです。

 

ドライブ大好きな私が屋久島でよく走る道

西部林道(せいぶりんどう)

を紹介したいと思います^^

 

地図と行き方

f:id:chihonakajima:20160428121048j:plain

島の西部にある県道で、トップのように道幅が狭く木々に覆われた道です。

屋久島は県道77・78号線でくるっと一周できるので
時計回りに尾之間方面から
反時計回りに宮之浦方面から
行くことが出来ます。

目安の所要時間

西部林道:30分(通過するのみ)

私は車を路肩に止め、車を降りて写真を撮ったり
時速3~40kmほどでゆ~っくり走ったので
今回は西部林道を抜けるのに1時間ほど使いました。

西部林道までの所要時間

宮之浦~  車で約1時間(反時計回り)

安房~   車で約1時間(時計回り)

尾之間~  車で約40分(時計回り)

 

おすすめポイント

  • 森の中にいる感覚

この場所は車で走りながらも森の中を散策するような感覚になります。

特に、緑が青々とする春~秋頃に掛けてが
木漏れ日が素敵でとても気持ちいいドライブコースです。

f:id:chihonakajima:20160428122113j:plain

 

森と道路が一緒になっているようなエリアなので
屋久島の中で一番、ヤクシカ・ヤクザルに遭える場所です。

各登山口を目指す道路でも見かけることはできますが
西部林道の方がかなり遭遇率が高く
また、他のエリアより圧倒的に観光客が少ないからかヒト慣れしておらず
エサを求めて近寄ってくることも
必要以上に警戒することもない、一番自然に近い形で観察できます。

f:id:chihonakajima:20160428122600j:plain

 

  • 日本の植物形態を網羅している

西部林道は、徒歩で散策するガイドツアーもあるほど
特異な植物形態を観察できる稀な場所です。
(※整備された山道などではなく、頻繁に土砂崩れがあるエリアなので
  個人で行くのはおすすめしません)

屋久島は九州一高い山を抱いているので
海岸から山の頂上までの間に
日本の気候帯すべての植物が集約されているそうです。

私は植物に疎いので巡ったこともないですが

「日本全土の植物形態を島を縦に移動すれば味わえる」

と聞いた時、単純に「すごいなぁ」と思いました。

確かに
島の南側ではパパイヤが普通に生っているのですが
真冬の山頂は雪に覆われたりします。

そのくらい気候の変化に富んだ屋久島の中でも
さらに緑豊かな場所なのです^^

f:id:chihonakajima:20160428124946j:plain

 

注意するポイント

  • 道幅がかなり狭い

元々西部林道には、観光バスなどの大型バスなどは入れません。

私は運転が得意な方で、軽自動車・セダンクラスの乗用車で
この道を通ったことがありますが
対向車が来た時には、すれ違える広い道までバックで移動する必要があります。

ところどころすれ違うための広い路肩は設けられていますが
そこまで蛇行した道路をバックで走る必要があるので
車の運転が苦手な方は注意が必要です。

どうしてもの時は、対向車のドライバーの方に運転を交代してもらって
自分の車を路肩まで移動してもらうようお願いする方法も。

昔、そうしている観光客の方を見かけたことがあります。

  • 余裕を持って

西部林道は狭い上にかなり蛇行しています。

なので、急いで飛ばすなんて運転では事故を起こしやすい道となってます。

ところどころカーブミラーは設けられていますが
それは本当に先が見えない場所だけです。

また、ミラーのある場所は
車をミラーで目視したらすぐ目の前に現れる
というような感覚なのです。

ミラーがある場所もそうでない場所も
常に緑を楽しみながらゆっくり走ることをおすすめします。

また、車などが頻繁に通らない道なので
シカやサルにあったときに道の真ん中で車を止めて写真を撮っている場合にも
時々遭遇します。(私も見晴らしのいい道では停めることがあります)

そう言った車などとの衝突を防ぐためにも
やはりゆっくり走るのをおすすめします。

  • 動物・植物はそのままで

西部林道は、周りに全く民家のないエリアで
世界自然遺産に登録されています。

島の中でも特に手付かずの自然溢れる場所なので
動物にエサをやったり、むやみに植物を採取したりしないでください。

ここは手付かずな分、サルもシカも静かに観察すれば
ホントにのほほんと過ごしている様子が見られます。

その空間を守って欲しいなぁと心底思います^^

 

まとめ

私が初めて屋久島に行った時から数えると20年以上経っていますが
その中で屋久島は、観光地として、移住地として様々な変化があります。

その目まぐるしい変化の中でも
西部林道はほぼ変わらず、今でも自然が溢れる貴重な場所です。

車でドライブしながらこれだけの自然を満喫できるのは
とても素敵だなぁと思います。

屋久島と言うとどうしても「縄文杉」や「もののけ姫の森」など
登山に観光が集中してしまいますが
体力に不安な方などでも楽しめる自然があるおすすめの場所です。

是非、緑のきれいな時期に
「樹のトンネル」をくぐりに
西部林道に行っていただけたらなぁと思います^^

 

【関連記事】

屋久島 カテゴリーの記事一覧 - CHIHO’s blog