読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

CHIHO’s blog

旅や食から心理、スピリチュアルなど好きなものを発信します

屋久島に行ってきました^^ 元移住者が巡るおすすめの観光 温泉編②

f:id:chihonakajima:20160428152437j:plain

こんにちは CHIHOです。

 

私が屋久島で好きな温泉のもう一つが

尾之間温泉(おのあいだおんせん)

ここは島でとても有名な温泉です。

私は尾之間の集落で暮らしていた時期があり
その頃は毎晩のように通っていました。

と言うのも、お風呂のない家を借りていたから(笑)

この集落の島民は「町会費」を払うことで
タダで尾之間温泉を利用できるのです^^

今回は屋久島で有名な温泉であり
地元の方たちにも愛されている
活気あふれる尾之間温泉を紹介します^^

 

地図と行き方

f:id:chihonakajima:20160428153845j:plain

島の南側に位置する尾之間集落の山側にあります。

 

尾之間温泉への所要時間

宮之浦~  約70分

安房~   約35分

尾之間~  約5分

 

f:id:chihonakajima:20160428154959p:plain

  • 宮之浦や安房側からくる場合

県道から尾之間バイパスを通って信号のある交差点を右折します。

交差点には
右手に★「尾之間温泉」の看板があり
左手に★ガソリンスタンドがあります。

右折して道なりに進むと尾之間温泉に着きます。

 

  • 栗生や平内側からくる場合

県道を走り初めて信号のある交差点で左折します。

交差点で温泉の看板は見えにくいですが
右手に★ガソリンスタンドがあるのと
この辺りで信号のある交差点はここだけなので
見落とすことはないと思います。

f:id:chihonakajima:20160428155727j:plain

(交差点の看板とガソリンスタンド
 この景色は温泉から県道に戻ってきた時に撮ったものです。
 県道からの見え方とは異なります)

 

利用方法

【営業時間】

無休

7:00~21:00
(ただし、月曜日は清掃のため12:00~)

 

【準備すると良いもの】

・タオル

・石鹸・シャンプー類

※ 街にある銭湯と同じで、体を洗うものは持参が必要です。

 

【入浴料】

200円

 

  • ロッカーは無料、数は少ない

ロッカーはあり無料ですが、数は多くありません。

ロッカーは番台の隣にある休憩エリアにあります。

 

  • シャワー台は少なく、湯船のお湯で豪快に洗う

銭湯に近い造りですが、シャワー台は2か所ほどしかありません。

みんな、湯船のそばに直に座り、風呂桶でお湯を湯船から直接汲んで体を洗います。

シャンプーも同様です。

銭湯ではまず見られない光景ですが、湯船に泡などが入らないように配慮しながら
誰しもザブザブ豪快に洗っています。

風呂桶はよっぽど混まない限り数はあります。

上がる時は、かかり湯用の湯溜まりがあるのでそのお湯を浴びて上がります。

 

  • 入り口側がぬるめ、奥側が熱め

尾之間温泉はお湯の温度がかなり熱めです。

温泉は丸石の敷き詰められている湯舟の底からこんこんと湧いてきます。

湯船の奥側の底からお湯が湧いてきているので
熱いのが苦手な方は入り口側(湯舟に入る階段があります)に入るのをおすすめします。

 

  • アクセサリーは必ず外して!!!

尾之間温泉は硫黄泉で、ゆで卵のような匂いが特徴の温泉です。

銀などの貴金属を着けたまま入ると

確実に硫化します!!!

友達がうっかり銀の指輪を着けて入浴したところ
上がるころには指輪が真っ黒に変色してました。

温泉には特に「硫化」に関する注意書きなどはないので
アクセサリー類は外して入った方が絶対に良いです~

 

  • 湯あたりには要注意!!!

これは実体験も含めて、想像以上に湯あたりします。

行くたびに湯あたりの話は聞いていたのですが
「私は大丈夫だろう」
と高をくくって入ったある冬の日。

脱衣所で豪快に倒れましたー!!!

寒かったのでいつもよりしっかり温まろうとしたのがまずかったようです。

温泉の濃度が高いからか、温まったという実感よりも体は温まっています。

しっかり温まったと感じる頃には温まりすぎている可能性が!

長風呂が得意な方もそうでない方も、気持ち早めに上がることをおすすめします。

 

  • 比較的空いてる時間は午前中と閉店間際

私の経験則ですが、比較的空いているのが午前中と閉まる間際です。

逆に込み合っているのは、夕方前後の印象が強いです。

今回の旅では雨に濡れて寒かったので
時間を気にせず15:00頃に行ったのですが

地元のおばあちゃん6割
観光客4割

という比率で込み合っており、湯舟周りは満員御礼~

かかり湯用の湯溜まりからお湯を組んで体を流し
先に湯船に浸かりながら、洗い場が空くのを待ちました。

住んでいた頃は混雑を避けるために
19:00~19:30以降に出かけたことが多かったです。

必ずしもとは言えないですが
時間に融通がつくのであれば、参考にしていただけたらと思います。

 

おすすめポイント

  • 肌がつるつるに

この温泉は濃度が濃く、硫黄の匂いも濃く
そして何より
お湯に浸かると肌がつるつるを通り越してぬるぬるします(笑)

体を洗って泡を流すときには、いつまでもぬるぬるしてるので
目視しないと泡がきれいに流れたか分からないくらい(笑)

私は添乗員として、有名な温泉地にまま行きましたが
その中でもかなり上位にはいるほど
「お湯が良いなぁ、と言うか凄いなぁ」
と思える泉質です^^

 

  • 疲れや筋肉痛におすすめ

こちらにも効果があります。(あくまで私的な感覚ですが)

お湯がかなり熱めなので、長風呂はできませんが
入るだけでも疲れが取れます。

また、洗い場である湯舟周りは床石自体がじんわり温かい!!!

空いてるときはそこに座り、時々お湯を体にかけながら
「なんちゃて岩盤浴」を楽しめます。

 

  •  湯上りのアイスや飲み物はAコープへ

お風呂を上がると、アイスやジュースが欲しくなりませんか?

私はなります(笑)

温泉界隈には自販機しかないので
アイスなどが欲しい時は温泉を下ったところにある
Aコープが便利です。

地図

f:id:chihonakajima:20160429114631p:plain

県道に向かって下っていき、信号のある交差点をそのまま通過すると
右手に開けた駐車場が見えます。そこがAコープです。

 

【営業時間】

無休

9:00~20:00

尾之間店| Aコープ 鹿児島

 

  • 足湯も出来てました

【営業時間】

無休

8:00~17:00
(ただし、月曜日は清掃のため12:00~)

 

【料金】

志し(ポストがあります)

 

私は利用したことがないですが、時間がなかったり
入浴の準備が出来ない方には足湯に入るだけでも疲れが取れるかも^^

 

f:id:chihonakajima:20160429115715j:plain

 

まとめ

屋久島の中でも、設備・湯質・料金など
一番コストパフォーマンスの良い、超おすすめの温泉です!!

温泉の向かいには開放型の休憩所も出来ていたので
ゆっくりできる場所にも進化してました。

ぜひぜひ足を運んでみてください^^

 

【関連記事】

chihonakajima.hatenablog.com

 

屋久島 カテゴリーの記事一覧 - CHIHO’s blog