読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

CHIHO’s blog

旅や食から心理、スピリチュアルなど好きなものを発信します

屋久島に行ってきました^^ 元移住者が巡るおすすめの観光 宿編

f:id:chihonakajima:20160430171138j:plain

こんにちは CHIHOです。

 

今回はおすすめの宿

屋久島サウスビレッジ

をご紹介します。

 

地図と行き方

f:id:chihonakajima:20160430172948j:plain

 

宮之浦・安房から時計回りに県道77号線を進み
平内集落あたりで左手に★看板が出てきます。

左折し、道なりに進んで行くと
右手に駐車場
左手に宿が出てきます。

(※県道から側道に入ると道は大変狭くなるので減速し、気を付けて進んでください)

f:id:chihonakajima:20160430173012p:plain

 

私が働いていた頃はユースホステルとして運営してたのですが
今は素泊まりの宿として営業していました。

f:id:chihonakajima:20160430173713j:plain

 

今回2泊した私は、シェアルームタイプ(ドミトリー)に宿泊。

部屋の両サイドに2階建てベッドがあり、洗濯物を干すポールもありました。

他に宿泊客がいなかったので貸し切り状態~^^

シェアタイプで宿泊代は一泊3000円(税別)

完全個室タイプだと4000円(税別)になります。

一週間以上と長期連泊すると、一泊当たりの料金は安くなります。

 

【宿情報】

住所   鹿児島県熊毛郡屋久島町平内258-24

Tel    0997-47-3751 (9-10時、15-18時)

E-mail  yakushimasouth@gmail.com

 

詳しくはこちらのHPを参照してください^^

 www.yakushima-yh.net

 

 

おすすめポイント

  • 屋久島南部に位置しているので自然を満喫できる

今回、パックツアーの関係で宮之浦に初めて一泊したのですが
宮之浦は島で一番栄えている場所なので夜でも街灯が明るく
車の往来の音も夜遅くまで聞こえるという環境でした。

それに対し、南側の小さな集落は自然の音しか聞こえません。

せっかく自然を満喫しに行く旅なので
懐かしさも合わせて私は良くこの場所を利用します。

 

  • 温泉に近い

屋久島の南側にはたくさんの温泉があり
10~15分ほどで以下の温泉に行くことが出来る恵まれた場所です。

  1. 尾之間温泉ー尾之間温泉 - CHIHO’s blog
  2. 屋久島温泉ー天然温泉のご案内|JRホテル 屋久島
  3. 屋久島いわさきホテル内の温泉ー温泉 | 屋久島いわさきホテル
  4. 平内海中温泉平内海中温泉 - Wikipedia
  5. 湯泊温泉ー湯泊温泉 - CHIHO’s blog

これらの温泉に行くという意味では尾之間も便利な立地なのですが
大きめの集落で車の往来や街灯の数などがこの宿がある平内よりも多いので
私は平内に泊まるのが好きです。

 

  • 散歩だけでも自然がいっぱい

f:id:chihonakajima:20160430182331j:plain

 

宿に面している側道をぶらぶら散歩すると季節に応じていろんな景色が見られます。

夜の散歩では、月や星、沢の近くではホタルも見れます。
(※街灯がまったくないので懐中電灯があると安心です)

 

  • キッチンが使える

共同キッチンが無料で利用できます。

今回、調理することはなかったのですが
朝食などを冷蔵庫に保管できたのでやはり重宝しました。

特に私は無人市や地元のお土産屋に出向いて
その時期の果物などを買って食べるのでキッチンや冷蔵庫を使えるのは
とてもありがたいです^^

f:id:chihonakajima:20160430183702j:plain

 

  • 門限無し、お風呂もキッチンも24時間OK

訪れる時期によっては、夜に出かける見どころもたくさんある屋久島。

ウミガメの産卵・ふ化や、ホタル観賞
時期を問わずに星や月を眺めたり、野天風呂に出かけたり。。。。。

また、縄文杉登山は早朝の3,4時頃から準備を始めて出発する必要があるので
門限がなく自由に出入りできるのはとてもあり難いのです。

 

まとめ

どうしても登山を目的の観光客が多いので利便性などから
宮之浦や安房といったエリアに観光客は流れてしまうのですが

移住者が多いのはこのエリアなのです。

南の島で自然に囲まれてのんびり過ごしたい!!!

という空気感が流れているのだと思います。

秋~春にかけての寒い時期は
セーターやパーカーなどで過ごせるくらい
晴れの日はポカポカで穏やかな日差しを味わえます。

宿探しの時にはぜひ一考していただきたい宿です^^

 

【関連記事】

屋久島 カテゴリーの記事一覧 - CHIHO’s blog