読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

CHIHO’s blog

旅や食から心理、スピリチュアルなど好きなものを発信します

カナダ プリンスエドワード島 激うま!超おすすめのシーフードレストラン① OYSTER HOUSE Claddagh クラダ

カナダ旅行記 PEI(プリンスエドワード島)

f:id:chihonakajima:20161016093514j:plain

 

こんにちは CHIHOです。

 

今回は
オイスター 1個 1CA$」
というハッピーアワーにつられて入ったら


チャウダーがめちゃくちゃ美味しかったナイスなレストラン

OYSTER HOUSE Claddagh オイスターハウス クラダ

について綴っていきます^^

 

正直、カナダのポテンシャル侮ってました。。。。

 

ハッピーアワーにつられて

夕食をどこで摂ろうか
お客さんの入り具合を観察すると共に
店先に提示されたメニューを検討しながら
シャーロットタウンの中心地をうろうろ。

 

一度、海外でオイスターを食べてみたい!!!

と思っていた私は

『16-18 oyster 1$』

という黒板を見つけました。

 

それまでに廻ったレストランでは大体1個3$前後だったので

これは安い!!

万が一口に合わなくても後悔しない価格だ!!!

と入店することに。


それがシドニー通り沿いにある

OYSTER HOUSE Claddagh クラダ

f:id:chihonakajima:20161016094906j:plain

このれんが造りの建物の2階にありました。

f:id:chihonakajima:20161016112128j:plain

こんな街並みのところです。(写真右手の建物)


早速入店してみると
見た目、席は空いているけれども
予約でいっぱいとのこと。OMG!!!

 

そこへマネジャーっぽい方がやって来て

「19時までに退店出来るなら予約と被らないので案内できるよ」

と言ってくれました。

 

私たち母娘はアルコールも飲まないので
美味しいものをサクサクっといただければ十分だと快諾。


無事夕食を摂れる運びになりました。

 

この応対の間にも
何組ものゲストが来ては折り合いが合わず帰っていったので
どうやら人気店のよう。。。

f:id:chihonakajima:20161016095613j:plain

 

オイスターのお味は。。。

オイスターは産地ごとに1個から選べるシステム

と言っても土地勘もなく、下調べも全くしてなかったので
スタッフの方におすすめをお願いしました。


食べ比べも出来るように
2種類、1人各1個頼んだのですが。。。。

 

正直、おいしさが分からなかった。(残念)

 

何よりまず牡蛎の身がすごく平べったい。(涙)

 

日本の牡蛎をイメージしていたので

「こんなにペラペラなのかっ?!」

と衝撃を受けました。

 
産地が違うのに
どちらのオイスターも同じような形態だったので
カナダのオイスターってこんな感じなのかもしれません。

 

しかも
かなりしょっぱい塩水(海水ダイレクト?)が
オイスターの殻になみなみ入っていて
身が塩水にプカっと浮いてる感じ。

 

それをスルっと口に流し込んで食べたのですが
オイスターを味わうというより
しょっぱい塩水を飲んでるようでした。

 

ただ周りのテーブルを見渡すと
結構みなさんオーダーされてて
お酒とともに楽しんでいるので
こちらではこれが
美味しいオイスターのスタイルなのかもしれません。。。

 

おすすめはこっち!!!

オイスターはそんな具合だったのですが
このレストランを紹介したい!!!!
と強く思えたメニューが

これっっっ!!!!!

f:id:chihonakajima:20161016100634j:plain

 

写真左から

 

まずムール貝の方はその量にビックリ!!!!

 

写真のシルバー類と比較しても分かるかなと思いますが
2,3人用の土鍋くらいの大きさがあるボウルに
山盛りのムール貝が入ってます!!!

 

味付けは
ニンニク・赤玉ねぎ・白ワイン・塩


とてもシンプルで
レモンを絞っていただきましたが

これが食べても食べても減らないっ!!!

 

新鮮だったので臭みも全くなく
純粋にムール貝を味わえる!

 

この時の通貨レートが 1CA$=83円前後 だったので
これが1000円強で食べられるなんて
アメイジング!!!(笑)

 

最後の方は正直飽きちゃいました。(苦笑)

 

 

一方、シーフードチャウダーは。。。。

 

パーフェクト!!!!!!

 

チャウダーと言うと クラムチャウダー が
日本人にとって耳馴染みがあるかなと思うのですが
それは クラム=2枚貝
つまりアサリやハマグリなどの
貝殻が2枚ある貝類を使ったチャウダーのこと

 

このお店のシーフードチャウダー
文字通り魚介類を使ったチャウダー

 

カニ・エビ・貝柱 など
美味しい出汁がいっぱい出てくる魚介類をふんだんに使っており
一口、スープを口に運んだら。。。。。。。

 

ビューティフォー!!!

エクセレント!!!!! 

(いい意味で)OMG!!!!!!!!

 

最初、運ばれてきた時には
ムール貝と同じくらいの値段の割に
小どんぶりくらいのカップの大きさだったので

「ぼられたっ!!!」(笑)

と一瞬思ったのですが

 

いやいや
お値段以上の魚介類のうま味が詰まってます!!!!!

 

イッツ ファンタスティック!!!!(もおええってw)

 

飽きてきたムール貝は母に託し

「うまいなーうまいなー」

と1人チャウダーを堪能してました。

 

叶うならここにパスタを入れたかった!!!

 

それぐらい具材の美味しさもさることながら

チャウダーのスープが美味しすぎたーーーーっ!!!

 

さらっとしたクリームベースだったのですが
アイスと言い、このチャウダーと言い
カナダは、あるいはプリンスエドワード島
牛乳自体もとても美味しいのかもしれません。

 

実はこれらのメニューは「前菜 starter」のカテゴリーだったので
後でメインを頼もうか?なんて思ってたのですが
これだけでもう十分満腹でした^^

 

地図と詳細

f:id:chihonakajima:20161016110020p:plain

★ Oyster House Claddagh オイスターハウス クラダ

HP  Claddagh Oyster House

住所 131 Sydney St, Charlottetown

休み 隔週日曜日 

   詳しくはこちらで確認できます➡Reserve online | YP Dine

   日付を選択し「No time Found」と表示されたらお休み

時間 月~木   17:00-21:00

   金・土   17:00-22:00

   日(隔週) 17:00-22:00

 

 

プリンスエドワード島に行った時には
ぜひぜひ訪れてみてください!!!!

後悔はさせません!!!!!

 

がハッピーアワーのシステムがよくわからず
結局、オイスターは正規料金の1個3$ほどを請求されてました。
(チェック後、しばらくしてからレシートを見て気づいた T^T)

 

 

次回は、ガイドさんおすすめの
人気レストランを紹介したいと思います^^

 

【関連記事】

カナダ プリンスエドワード島の超有名アイスショップ Cow's(カウズ) 一気に4フレーバー頼める技!!! - CHIHO’s blog