CHIHO’s blog

旅や食から心理、スピリチュアルなど好きなものを発信します

モロッコ1人旅行記 カサブランカからマラケシュへ モロッコ鉄道ONCF利用 車内の様子&ローカルと触れ合う^^

 

f:id:chihonakajima:20170413190907j:plain

 

こんにちは CHIHOです。

 

今回は乗り換えたL'oasis駅からマラケシュまで3時間

ONCF鉄道旅の様子などを綴っていきます~^^

 

 

座席はテーブル付きの4人掛け

L'oasis (ロアジス) 駅で乗り換えたマラケシュへ行く電車は
空港駅からのとは打って変わって一気に古ぼけました(苦笑)

座席は折りたためるらしいテーブルが付いた
向かい合わせの4人掛けタイプで
一緒にマラケシュまで行くことにしたチュニジア人と
大きなスーツケースを抱えてどこに座ろうかうろうろ。

結局、すでに2人ずつ座っていた座席に
通路を挟んでお互い別れて座りました。

彼はアラビア語でモロッコ人と会話が普通にできるので
相席になった乗客たちと談笑。

私は時々、彼らが話してることを訳してもらったり
(とは言っても、彼も英語が堪能ではなかったので楽ではなかったですがw)
外の景色を眺めたりしてマラケシュまでの時間を過ごしました^^

 

車内販売、あります

f:id:chihonakajima:20170414145343j:plain

長旅だからか、マラケシュまで
車内販売のワゴンが2度ほど通りました。

 

f:id:chihonakajima:20170414145443j:plain

ワゴンにメニューボードが貼ってあり
仏語かアラビア語で書かれています。

ボトル系の飲み物・コーヒーなどの飲み物・お菓子類・サンドウィッチ

とカテゴリーがあり

水で8dh(約90円 1dh=約11.5円)

サイズが1/2としか書かれてないのですが
たぶん500mlかなと思います。

また、ごみ回収の清掃員も
2度ほどゴミ袋を持ってまわってきます。

 

トイレもある(と思う)

相席していたおじさんが
何も持たずに数回、席を立ってたので
実際目にはしなかったのですがトイレはあると思います。
(そう書いている情報も読んだので)

多分紙はないと思うので持参が必要だと思います。

 

よく停まるのんびり旅

マラケシュへは直行ではなく
各駅に停まるのか街が見えるたびに停車しました。

また何か線路上でトラブルがあったのか
何もないところでも停まってました。

私は12:00の空港駅発に乗り
30分もかからずL'oasis駅で下車
13:00ごろに来たマラケシュ行きに乗り換え
マラケシュ駅へは16:00過ぎに着くという
都合4時間ほどの移動だったのですが

「これが日本だったらもっと早く着くんだろうなぁ」

というかなりのんびりゆったりした移動でした^^

 

地元の人たちとの触れ合い

アラビア語を話せるチュニジア人の彼と一緒だったおかげで
彼が通訳するような形で
相席になるモロッコ人とも愉しい時間を過ごせました^^

ただ、本人も認めるほど彼は英語が得意ではなく
私も堪能ではないので会話を諦めることも何度かあり(苦笑)
相席だったモロッコ人のおばさんにも

「あなた、仏語話せないで、よくモロッコを一人で旅するわね」

と突っ込まれたほど。(笑)

それでもみんなでゼスチャーやアイコンタクトを交えながら
モスリムの文化や、モロッコやマラケシュでのおすすめ
アラビア語での挨拶など
お互いに聞きたいことを聞き合って愉しかったです。

 

モロッコ人のやさしさ

f:id:chihonakajima:20170414151136j:plain

手作りのモロッカンクッキー!!!

私が昔パティシエをしていたことを話していたときのこと

あまり積極的に会話には混じってこない相席のおじさんが
(トップの写真に手だけ写ってますw)
乗車中、ぼりぼりぼりぼりしていた紙袋の中身を私に見せてきました。

私は形を見て

「ああ、モロッコのクッキーだ!!!」

と分かったのですが
チュニジア人の彼やモロッコ人のおばさんも

「これはモロッコのクッキーなのよ」

と口々に説明してくれました。

さらにおじさんの奥さんのお手製だったらしく
「おおお、すげぇなぁ~」
と感心している間もずっとおじさんはクッキーを突き出したまま。

するとチュニジア人の彼が

「あげると言ってるよ」

と教えてくれました。

モロッコ人のおばさんも私の目を見て

「うんうん。もらいなさい。」

と言ってるかの如く大きくうなずき
結局その場にいた3人ともいただくことに。

これがまたすごく美味しかった!!!

粉っぽさも、脂臭さも全くなく
甘すぎることもなく日本人の口に合う味わいで
お土産に買って帰りたいと思ったほど。

上手くしゃべれないながらも
心を開いて接していれば
こうして相手も心を開いて親しくなれるんだと
小躍りしたくなるくらい嬉しかった瞬間でした^^

 

子どもも可愛い

f:id:chihonakajima:20170414152133j:plain

これは車内販売のワゴンを撮ったときに写った
隣の座席の女の子です^^

この子もとても人懐っこく
目を合わせると微笑んでくれました。

途中、退屈だったんでしょうね
ぐずったりすることもあったんですが
彼女と視線を合わせて遊ぶだけでもとても楽しかったです。

 

降車時も

いよいよマラケシュ駅に到着した時にも
モロッコ人のやさしさがさく裂!!!

最終駅なので乗客はみんな降りるのですが
私が大きなスーツケースと狭い通路で格闘していると
クッキーのおじさんを始め、そばにいた男の人たちが
スーツケースを持ってくれようとしてくれました!!!

そんなに重いものでもなく
クッキ―のおじさんに至っては私の方が力があるだろうな
という感じだったので
丁重にお礼を言いつつ断って自分で降りたのですが

「ええ人たちばかりやなぁ」

と嬉しくなる出会いと体験でした^^

 

まとめ

海外で一人旅をする醍醐味の一つが

現地の人たちとの触れ合い

だなぁとつくづく実感しました。

 

昔は「だまされないぞ!」と気合を入れて
極力一人で過ごしてましたが

今回の一人旅はたくさんの出会いがあった旅でもありました^^

 

 

 

【関連記事】

chihonakajima.hatenablog.com

 

chihonakajima.hatenablog.com