読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

CHIHO’s blog

旅や食から心理、スピリチュアルなど好きなものを発信します

モロッコ1人旅行記 マラケシュ駅からジャマ・エル・フナ広場へ タクシー移動 早速、安宿への道のりで迷う!!w

 

f:id:chihonakajima:20170415114958j:plain

 

こんにちは CHIHOです。

 

今回は、マラケシュの有名な観光地

ジャマ・エル・フナ広場

へ向かう道中のあれこれを綴っていきます^^

 

 

まずはタクシーで

マラケシュ駅に到着した私は
ドライバーと交渉し30dh(約35円 1dh=約11.5円)
予約した安宿のあるジャマ・エル・フナ広場へ移動することに。

本来は徒歩移動が土地勘も養えて好きなのですが
さすがに夕方の4時、まだまだ日差しは強く
見知らぬ街を歩くには距離もあったので
移動はタクシーを選びました。

乗車中、映画館らしき建物や
仏スーパーマーケットの『カルフール
観光用のラクダなど興味をそそられるモノを見かけたのですが

f:id:chihonakajima:20170415125020j:plain

カルフールが入っている商業施設『メラナ・モール』)


もちろん停まることは出来ず
(ドライバーはほとんど英語が通じない。行き先と金銭交渉くらい。)
大通りからだんだん狭い道路へと移り

f:id:chihonakajima:20170415130942j:plain

(駅から広場へ向かう大通りはきれいに整備されている)

 

どうやらジャマ・エル・フナ広場へ続く歩道の手前で停まった模様。

乗る前から
「フナ広場には入れない」
と言われていたので
当然、目の前には広場はなく
目に付くのは左手にある緑地帯に沿ったベンチで
腰かけるモロッコ人たちばかり。

f:id:chihonakajima:20170415124748j:plain

(この先にジャマ・エル・フナ広場が広がる)

 

ガイドブックも持たず
google mapをピンポイントに印刷しただけの地図を持った私には
自分が地図上でどこにいるのかちんぷんかんぷん

f:id:chihonakajima:20170415121427p:plain

実際は上の地図の赤線をタクシーで走り
赤星のところで降ろされました。

『ジャマ・エル・フナ広場』へは
緑の線を歩いて移動することになりました。

 

案内役、登場!!!

方向感覚がさっぱりなまま
「なんとなく、こっちかな~」と進んでいると
案の定「どこに行くんだ?」と声を掛けられました。

赤くて大きなスーツケースを引きずっているんだから
仕方ないんですが・・・

「ホステル・レインボーへ行くんだ」

と応えると、やはり案の定

「おれは知ってる。こっちじゃない。ついてこい!」

と。

「こりゃ、案内料取られるなぁ・・・・」と思いつつも
着いたばかりで正直右も左も分からなかったので
勢いにも負けてついていくことにしました。

会話をするわけでもなく
グングン先を歩く案内人。

途中、私を見失ったら振り返り
見つけたらまたグングン先へ進む。

こちらはスーツケースを引きずりながらも
もしもの時のために必死に道を覚えてただただついていきました。

そうして到着した宿は
予約サイトの口コミなどにもあったように

「こりゃ、地図だけでは分からんわ」

というような住宅エリアの細い路地の奥にありました。

f:id:chihonakajima:20170415125905j:plain

(青いタイルの玄関がホステルの入口。道はかなり狭い)

 

そして案の定ガイド料を請求してきた案内人。

「荷物を持つこともなく、持って歩く私に配慮もなく・・・」
と案内人の扱いに少々あきれていたので
崩しておいたコインから10dhを渡すと・・・・

「こんな遠くまで案内したのにこれじゃあんまりだ」

と言い出す始末。

実はその後、マラケシュの土地勘を養った私は
この時の彼が遠回りしていた事に気づいたんですが
この時点の私はもちろん知る由もなく

「足りない。足りない。たばこ一本しか吸えない」

とゴネるので、結局15dh支払い
(タクシー移動の半額かと思うと笑えない)
もうそれ以上はありえないからねと
態度で示して引き上げてもらいました。

日本円で50円強を加えるかどうかの攻防ですが
遠回りされたことなどを鑑みると
払うにしても値切っていて良かったなぁと思ったのでした。

 

まとめ

早速、マラケシュで洗礼を受けた形になりましたが(苦笑)
着いたばかりの身で地図のみでたどり着くのは

「無理だな」

というのが正直なトコロ

ただ泊まった安宿はホントに安くて
スタッフも英語が話せて感じもよく、朝食付き
その後の旅のアドバイスなども調べた上でしてくれたりと

ホスピタリティー満載

だったので
次回はこの安宿の紹介をします~^^

 

【関連記事】

chihonakajima.hatenablog.com

chihonakajima.hatenablog.com