CHIHO’s blog

旅や食から心理、スピリチュアルなど好きなものを発信します

モロッコ1人旅行記 マラケシュ散策 あまりに疲れたので観光用『馬車』に乗ってみました~

f:id:chihonakajima:20170417130556j:plain

 

こんにちは CHIHOです。

 

今回は無謀な距離を徒歩散策したために
疲れ切って乗ることにした

マラケシュ観光の馬車

のエピソードを綴っていきます^^

 

交渉得意な私が。。。

徒歩で散策するのが大好きな私は
マラケシュ駅➡カルフール➡ジャマ・エル・フナ広場
と新市街地を歩いてみようとマラケシュ駅を出発しました。

思いのほか遠く、なんとかカルフールに到着し
少し店内で休憩するも座れるような場所もなく
再び歩き出した私。

しかし時間は午後3時台
日差しがもっとも強かったのと
この道中、日差しを避ける場所もなかったことなどから

いい加減、疲労がマックス!!!

気持ちよさそうに馬車に乗ってる観光客を横目に
ようやくメディナの入口に入ったところ
客待ちの馬車に目が留まった私。

カサブランカからの電車移動の時に
相席したモロッコ人のおばさんに

マラケシュでは馬車に乗りなさいな。10ユーロで高くないし。」

と教えてもらっていた私は早速
座りたいという気持ちも手伝って値段を聞いてみました。

すると提示された金額は
250dh(ユーロでいえば25ユーロほど)

「倍以上じゃないか!!!」と納得できなかったので
最初はあともうちょっとだし歩いて帰ろうと思っていたのですが
その様子に彼らは
「これだけのところをめっちゃ回るし。。。」
と食い下がってきました。

想像以上の範囲を行くんだと思った私は
あまりの疲れに値切ることも忘れてOKしてしまいました。

もうとにかくただただ座って
涼しい風に吹かれたかったのでした~

 

メディナの南側へ

乗車時間で金額が変わるというので

外から見るだけでも良いしと思っていた
宮殿などを廻るコース 1時間250dh
で手を打った私。

早速乗り込み、靴を脱いで解放感に浸りながら
メディナの南側にある幹線道路を進んで行きました。

 

f:id:chihonakajima:20170419143739j:plain

馬車からの眺め

 

 

早々にメディナに入る

観光名所の宮殿へ行くと言っていたはずが
写真を撮る気にもならないほど遠くから

「あれが宮殿だ」

と教えられ馬車は方向転換。。。。。

めちゃくちゃ見たかったわけでもなかった私は
「話が違う」なんて言い募る気分でもなく
(もっとも英語が通じない)
「涼んで楽しながらジャマ・エル・フナ広場へ戻ろう」
と目的を変えて楽しむことにしました。

すると目の前にはメディナへの入口らしきものが現れ
中へ。。。

f:id:chihonakajima:20170419144052j:plain

大体メディナの入口には写真中央のようなアーチ型ゲートが

 

 

モスクに到着!かと思いきや。。。

正直この道中、目を引く景色はあまりなく
変化と言えば景色を見る視点が高くなったくらい。

途中、日本人ツアーの団体に出会い
現地ガイドが日本語で
「あなたたちも後であれに乗りますよ~」
なんて見本にされながら
かっぽかっぽかっぽかっぽ進んでいると

観光名所らしききれいな建物が!!!

ただ速度は落ちず
そのまま行き過ぎようとしたところで
馬車が止まりました。

「おお、写真タイムか?!」

と嬉しさの中、馬車を降りると
付いてくるよう合図を送りながら
御者は路地へと入っていきます。

f:id:chihonakajima:20170419150254j:plain
連れていかれた路地

 

「何か別の観光名所でもあるのかな?」
とそのまま付いていくと、着いたのは「香料屋さん」

予想外の案内場所に
こういうやり方が一番嫌いな私は
御者を放ってさっさと馬車に戻りました。

運よくなかなか御者が戻ってこなかったので
先ほど撮りにくかったモスクを改めてパシャリ!

f:id:chihonakajima:20170419150047j:plain
Moulay El Yazid Mosque ムーレイ アル ヤジード モスク

 

他にも馬車の写真など撮っていると
やっとこさ御者が戻ってきましたが
買い物はおろか店内にも入らずにUターンした私に
多少ご立腹の様子。

私も宮殿に行かず土産物屋への案内にご立腹。

そのまま険悪なムードで馬車はメディナの狭い街中を進んで行きました。

f:id:chihonakajima:20170419150547j:plain

スパイスエリアのスパイス屋さん。馬車のおかげで気にせず撮影出来た

 

 

ジャマ・エル・フナ広場へ

乗車場所に戻りたくなかった私は
あらかじめ「ジャマ・エル・フナ広場へ行ってほしい」と伝えていたので
メディナを巡りながらフナ広場にやって来ました。

すぐ降ろしてくれるのかと思いきや
これまた広場の狭い場所を馬車で走っていく御者。。。。。

f:id:chihonakajima:20170419151803j:plain
こんな際きわを鐘を鳴らしてやや強引に通り抜ける

 

その様子に
「私は降車場所として広場を言ったつもりだったが
 観光だと思ってるんじゃないか?
 このままだと広場から移動しそうだ」
と危機感を覚えた私は
「もうここで降ろしてほしい」
と広場を一周したところで申し出て
馬車を降りることにしました。

時間にして1時間弱

もう料金設定などどうでもよくなっていたので
若干の戸惑いを見せる御者をしり目に
早々に料金を支払い下車した私。

こうして私の馬車体験は幕を閉じたのでした~

 

走った経路と地図

f:id:chihonakajima:20170419151612p:plain

 

まとめ

冷静になると交渉もしなかった自分に
「高かったんじゃないか?」
と突っ込みざるを得ないですが(苦笑)
馬車に初めて乗ったのでそれはそれ
いい経験が出来ました^^

またモロッコで写真を撮るのは至難の業で
カメラを向けると怒られてから
買い物などしたところで撮るか
ばれない様にかなり気を配って撮ってたのですが
馬車の上からは盲点っぽかったようで
気兼ねせず写真が撮れました。

旅の想い出にこういうのもアリかなぁって思います^^

 

 

 

【関連記事】

モロッコ旅行記 マラケシュ カテゴリーの記事一覧 - CHIHO’s blog

モロッコ旅行記 カテゴリーの記事一覧 - CHIHO’s blog