CHIHO’s blog

旅や食から心理、スピリチュアルなど好きなものを発信します

モロッコ1人旅行記 2泊3日サハラ砂漠ツアー  2日目 いよいよサハラ砂漠へ①  メルズーガにあるホテルで準備

f:id:chihonakajima:20170427101242j:plain

 

こんにちは CHIHOです。

 

今回からは
サハラ砂漠ツアーのメインイベント

キャメルライディングとテント泊の様子

などを順に綴っていきます^^

 

モロッコ旅3大目的の2つ目が叶ったときでした^^

 

  

メルズーガ到着

トドラ渓谷を後にした私たち一行は
行程が押していたのもあってか
一度、水を買うためだけの停車をしただけで
3時間半の移動ののち
6時過ぎにメルズーガに到着しました。

市街地を通りすぎて着いたのは小さな建物で
実はこじんまりとしたホテルだったのですが
利用するのはトイレくらいで
駐車場にてサハラ砂漠へ向けての準備を始めました。

 

f:id:chihonakajima:20170427123844j:plain
到着したホテル トイレに入るのみで準備は駐車場で

 

 

準備はこんな感じ

ラクダに乗るための準備と
テント泊で要るモノの準備をします。

 

*ラクダ用装備*

夕方から1時間半ほど
砂漠を移動するのを想定して準備します。

極力荷物は持たないように指示されるので
私はこんな感じで支度しました。

 

持ち物(小さなポーチに)

  1. 貴重品(財布・パスポートなど)
  2. カメラとスマホ

 

1.普段から下げているポーチをそのまま持って行くことにしました。 

2.サハラ砂漠の砂は細かくて機械類は注意というのを
  事前に調べていたので
  カメラやスマホにある穴という穴は
  マスキングテープでふさいでおきました。

 

装備

  1. 帽子・ストール
  2. マスク
  3. サングラス
  4. 長袖シャツ
  5. スニーカー

 

1.日よけと風よけ(砂よけ)を兼ねて
  頭からストールをかぶり帽子で押さえるというキャディースタイル(笑)
  他の参加者はオシャレに頭に巻いてました~。

2.砂埃を吸い込まないために。

3.日よけと風よけを兼ねて。

4.陽射しがまだあったので日よけに。陽が落ちると防寒用として。

5.あぶみ用にスニーカーのままだったが、あぶみは無く、ビーサンでも良かった。
  

 

*テント泊用荷物*

スタッフがまとめてテントまで運ぶので
そのための車に積みました。

 

荷物(ナップサックに)

  1. 水ー1.5Lを1本
  2. ビーチサンダル
  3. 防寒具(厚手の靴下・ウィンドブレーカー)
  4. 懐中電灯
  5. ウェットティッシュ
  6. カイロ
  7. トイレットペーパー

 

1.水は自分で持参した分のみ。キャメルライディングが夕方発だったので
  あまり暑くなく1本でも余りました。

2.冷えますがスニーカーより躊躇なく歩けて便利。

3.寝るときのために厚手の靴下や、防寒と風よけにウィンドブレーカー。

4.当然ですが砂漠は真っ暗なので。

5.砂の粒子が細かいので思いのほか汚れてます。

6.朝方は使えるくらい寒かったですが、持ってるのを忘れて使わず(苦笑)

7.水持参だけに、トイレもありません。なので紙もないです。

 

 

まとめ

時季によって準備に多少の差が出ると思いますが
私が行った時は4月のあたま
日中は日差しが強く暑いですが朝晩はとても冷えました。

 

喉の渇きがとても心配だったのですが
砂漠にいる間はほぼ「涼しい~寒い」という体感気温だったので
夕食時に300mlほど飲む程度でした。

たくさん飲むと当然トイレに行きたくなり
囲いも何もない砂漠でするということになるので
飲むのを控えたのもあります。

 

砂漠でのテント泊なので
「着の身着のまま」という感覚での準備が良いかなと思います。

 

 

【関連記事】

モロッコ旅行記 サハラ砂漠ツアー カテゴリーの記事一覧 - CHIHO’s blog

モロッコ旅行記 カテゴリーの記事一覧 - CHIHO’s blog