CHIHO’s blog

旅や食から心理、スピリチュアルなど好きなものを発信します

モロッコ1人旅行記 2泊3日サハラ砂漠ツアー  2日目 いよいよサハラ砂漠へ② 待望のラクダに乗ってみました~

f:id:chihonakajima:20170427101242j:plain

 

こんにちは CHIHOです。

 

今回はいよいよ

初キャメルライディング

です^^

 

 

徒歩で移動

身支度などの準備を終えたら
みんな駐車場の外へと移動していきました。

私も流れに付いていくと実は

目の前にある砂山がサハラ砂漠の縁!!!

目を凝らせばラクダもいるやん!!!

というわけで
ここに来るために走ってきた車道を渡って
てくてく歩いて移動しました。

 

f:id:chihonakajima:20170427123950j:plain
よく分からないまま付いていく私 ホテル駐車場のゲートから出る

 

f:id:chihonakajima:20170427135150j:plain
ホテルの前の道 恐ろしいほど何もない

 

f:id:chihonakajima:20170427134935j:plain
車道を渡ると実はこれがサハラの端 ラクダが並んで座っている

f:id:chihonakajima:20170427144033j:plain
待つラクダとサハラ砂漠

 

 

いよいよラクダに乗る

「出来れば先頭が良いなぁ」
なんて思いながら写真を撮ったりして過ごしていたら
上手いこと先頭のラクダに乗ることが出来ました^^

ラクダはこぶのところに毛布が括りつけられていて
金属製のT字のハンドルが付いています。

ラクダに跨ると「ハンドルをしっかり握って」と
めちゃくちゃ言われるのですが
ラクダが立つときに初めてその理由が分かりました。

前方にかがんでから立ち上がるので
ジェットコースターの急降下並みに
体が前傾姿勢になるのです~

握ってないと絶対転がり落ちます(笑)

 

f:id:chihonakajima:20170427135952j:plain
私の乗ったラクダ 仏のような顔をしている

 

 

痛みってこれかぁ。。。(苦笑)

ラクダには馬のような鞍もあぶみもなく
全体重を股間で支えることになり
前腿の付け根の一点に集中する形になります。

こんな部分で体重を支えたことがないので

まあ痛い(TΔT)

唯一手元のハンドルに力を入れて
体を持ち上げてみるのですが
金属製で堅く細いので今度は手がすぐに痛くなる始末(涙)

なるべく後ろに体を倒してバランスを取りながら
お尻に重心が行くように乗りました。

 

また、踏み均されていない砂がサラサラの場所は
ラクダの体が「ずしっ。ずしっ。」と
一歩ずつ深く沈み込むので揺れも大きくなりました。

こうなると手と腿でバランスを取るのに必死で
後ろ重心で痛みを回避なんて余裕はなし!!!

 

徐々に慣れては来るものの
宿泊用テントに到着してラクダから降りる頃には

脚がラクダ型に固まって動かない!!!(涙笑)

がに股とも一味違う形にこわばる
自由の効かない自分の脚に思わず苦笑するのでした。

 

f:id:chihonakajima:20170427141911j:plain
ラクダのハンドルを握る私 慣れるまでは必死

 

f:id:chihonakajima:20170427142218j:plain
乗るとこんな感じ 跨っているだけなので脚はブランブラン

 

 

やっぱりかわいい~

とはいえ痛みはあるものの
動物大好きな私はラクダと呼吸を合わせながら
サハラ砂漠を移動するという夢のような時間を過ごせました。

すごく鳴き叫ぶラクダも中にはいたのですが 
ほとんどのラクダはおとなしくとても可愛かったです。

 

f:id:chihonakajima:20170427142837j:plain
振り向くと後ろのラクダはこんなに近い

 

f:id:chihonakajima:20170427143013j:plain
乗ってはいないがおとなしそうな子を触ってみた 意外に剛毛

 

 

まとめ

昨年の乗馬に続いて今回はラクダに乗り
体の揺れ方や鞍・あぶみの有る無しなど
両者の違いに驚きつつも

往路で1時間半 復路で1時間弱

とたっぷりラクダに乗りました。

痛みはこの後もしばらく続きましたが
酔うことはなかったので良かった~^^

モロッコでは超おすすめ
大・大・大・大満足のキャメルライディングです!!!!!

 

 

 

 【関連記事】

モロッコ旅行記 サハラ砂漠ツアー カテゴリーの記事一覧 - CHIHO’s blog

モロッコ旅行記 カテゴリーの記事一覧 - CHIHO’s blog