CHIHO’s blog

旅や食から心理、スピリチュアルなど好きなものを発信します

モロッコ1人旅行記 カサブランカ モロッコ料理『ハリラ』を初めて食べました~

f:id:chihonakajima:20170525111018j:plain

 

こんにちは CHIHOです。

 

今回は
カサブランカのカサ・ボヤージュ駅の近くで食べた

モロッコ料理 ハリラスープ

について綴っていきます^^

 

 

小腹にベスト 

シェフシャウエンからバスで移動してきた私は
車内でフルーツを食べた程度のまま特に何も食べずに
カサブランカをフラフラと散策していたので
「何かちょっと食べたいなぁ」と
カサ・ボヤージュ駅近くにあるレストランに入ることにしました。

とはいえ、時刻は3時を回っており
夜にはディナーの約束をしていたので
あまりお腹いっぱいにはしたくないと選んだのが
モロッコ伝統料理の『ハリラ』~^^

クスクス、タジンは何度も食べていましたが
ハリラはモロッコ旅でお初だったのでちょっと興奮しました(笑)

 

f:id:chihonakajima:20170525113645j:plain
レストランの外観

 

ハリラセット

ハリラはセットメニューになっており
ゆで卵・ナツメ・パンが付いていました。

それで

12dh(約140円 1dh=11.5円)

と相変わらず安い。。。。(笑)

運ばれてきたハリラスープは値段に反して
カフェオレボウルくらい大きな器に入っていました。

一緒にパン、ゆで卵と運ばれてきて
全部平らげるとお腹いっぱいになるくらいボリューミーでした。

 

 

f:id:chihonakajima:20170525114819j:plain
ハリラスープのセット
小皿にはゆで卵とナツメ
かごにはおなじみのモロッコ丸パン ホブス
モロッコ旅で初めて日本のようにグラスで水が出てきた

 

f:id:chihonakajima:20170525114959j:plain
メニュー 
順に『ハリラ・卵・ナツメ・パン』と仏語表記

 

 

味の感想 

カレーのような色合いのハリラスープに
辛いものが苦手な私は一瞬身構えましたが
見た目に反してスパイス感はほぼなく
めちゃくちゃ『優しい』味わいでした。

「確かにラマダン明けに食べるんだから優しくて当然よね」
と一人納得(苦笑)

具材は

などが入っていてどれも味に癖はなく
柔らかく煮込まれていました。

スープはトロッとしており
豆類のでんぷんやパスタから付いたとろみっぽかったです。

かなりうす味だったので
テーブルにあった塩コショウで味を調整し
ゆで卵も具材としてハリラに加え
モロッコではおなじみの丸パン(ホブス)を
浸しながらいただきました。

 

ナツメも初挑戦だったのですが
食感はドライトマトのような感じで
表面は固く、中身は少し柔らかい
大きな種があったので果肉自体の量は少なめでした。

味は甘味をうっすら感じる程度で
これといった特徴はなかったです。

「そういえば中国や韓国の友達が好きだと言ってたな」
と思い出しつつも
「なぜこれが好きなんだろう」
と思わせるような味わいでした(苦笑)

 

 

地図

f:id:chihonakajima:20170525120659j:plain
★ Restaurant Pizzeria

カサ・ボヤージュ駅から数分のところにあります。

目の前に公園があるので分かりやすいです。

f:id:chihonakajima:20170525121149j:plain
テラス席からの眺めはこんな感じ

 

 

まとめ

この辺りには数軒カフェレストランがあり
どこで食べようかウロウロしていると
このレストランのテラス席にいたお客さん(モロッコ人)に呼び止められました。

それでここに決めたのですが
値段も安く、味もサービスも悪くなかった上に
モロッコ料理のハリラを食べられて
結果オーライでした^^

 

 

 

【関連記事】 

モロッコ旅行記 食 カテゴリーの記事一覧 - CHIHO’s blog

モロッコ旅行記 カサブランカ カテゴリーの記事一覧 - CHIHO’s blog

モロッコ旅行記 カテゴリーの記事一覧 - CHIHO’s blog