CHIHO’s blog

旅や食から心理、スピリチュアルなど好きなものを発信します

モロッコ1人旅行記 2泊3日サハラ砂漠ツアー  2日目 行程押しおしの代償 『トドラ渓谷』滞在5分 でもランチでまたもや押し返す(苦笑)

f:id:chihonakajima:20170426152119j:plain

 

こんにちは CHIHOです。

 

今回は
ベルベル村を後にして向かった観光地

アトラス山脈の切れ目 トドラ渓谷

ランチの様子

を綴っていきます^^

 

 

またもや焦りだす

元々物腰の柔らかいタイプではなかったツアーのドライバー
これだけ共に行動していると
だんだん「イライラ」してるのが分かってきました。

ベルベル村を後にし、停まっていた車に向かうと
「あ、押してんだな」
ともろ分かりの態度でドライバーは待っていました。

ただ例のおばあさんを筆頭に
だんだんみんなが好き勝手に動きだしてきたので
「やっぱ日本人じゃないよなぁ(笑)」
と変に感心しながらも日本人の私はさっさと車に乗り込みました(笑)

なんだかんだでようやくみんな車に乗り込み
次の観光地『トドラ渓谷』を目指しました。

 

滞在は5分?!

モロッコ人もやってくるという観光地らしく
この日は祝日だというのも手伝って
このツアーで1番の賑わいを見せる『トドラ渓谷』

着くなりドライバーは開口一番

「出発は1時。遠くには行くな。」

「ええぇ?今12時55分なんすけど。。。。」

という空気感いっぱいの車内でしたが
誰も反論することなく下車観光へ。

流れるトドラ川の水をさっさと触り
収まりきらない大きな岩々の写真をさっさと撮って
1時に渓谷を後にしたのでした。。。(涙笑)

 

f:id:chihonakajima:20170426153435j:plain
普通の引きでは頂きは写らない

 

 

ランチへ

サハラ砂漠ではキャメルライディングが待っているので
押して焦るドライバーの気持ちも分かるのですが
それをもろに出しているので
案内しているガイドとドライバーが若干険悪(苦笑)
そのまま私たちはレストランへと移動したのでした。

渓谷そばの集落地にあったレストランは川のほとりにあり
ランチをいただいたテラス席では
木々が生い茂り、小鳥がさえずり
みな口を揃えて「良い場所やねぇ」とまったり^^

 

ランチは料金が一律100dh(約1150円)のセットメニューのみ

  1. モロッカンサラダ
  2. 丸パン
  3. メイン
  4. デザート

となっており、メインが選べるというもの。

ちなみにデザートは
オレンジとバナナがまさかの『そのまま』が出てきました(爆笑)

 

私はツアーの間しばらく
野菜とパンなどの炭水化物しか摂っていなかったので
たんぱく質を!!!とモロッコ風オムレツをチョイス。

ただ卵にしっかり火を入れてほしかったので

私➡イギリス人(半端な英語)

➡モロッコ人(流ちょうな英語)

➡店のスタッフ(アラビア語

という伝言ゲームスタイルで通訳してもらいオーダーしました。

 

f:id:chihonakajima:20170426155354j:plain
ここにきてメニューは仏語表記のみ
モロッコ人夫婦の奥さんが英語が出来たので訳してもらった

 

f:id:chihonakajima:20170426155534j:plain
トマトや玉ねぎ、ピーマンを刻んで混ぜたモロッカンサラダといつもの丸パン

 

f:id:chihonakajima:20170426155627j:plain
モロッコ風オムレツ 肉無しを確認してオーダーしたが
入っている野菜がサラダと被る(苦笑)

 

 

モロッコ時間?ヨーロッパ時間?

オーダーから全メニューが出揃うまで
時間がかかったのですが
(モロッコ時間?)

さらにそこからみ~んなまったりと過ごしていたので
(ヨーロッパ時間?)

慌ててベルベル人ガイドが呼びに来ると言う形で
レストランを後にしました。

ガイドとはここでお別れだったので15dhチップを支払い
ここでの滞在は約1時間半(笑)

あの5分のトドラ渓谷はなんだったんだろう。。。。(苦笑)

 

 

まとめ

ここから先はサハラ砂漠のあるメルズーガを目指して
一度水を買うためだけの停車をするのみで
3時間半ひたすら移動しました。

1日目は1時間ごとの休憩だったのにと
この行きあたりばったり感が何とも言えないオモシロさでした。

 

 

 

【関連記事】

モロッコ旅行記 サハラ砂漠ツアー カテゴリーの記事一覧 - CHIHO’s blog

モロッコ旅行記 カテゴリーの記事一覧 - CHIHO’s blog