CHIHO’s blog

旅や食から心理、スピリチュアルなど好きなものを発信します

フィリピンでの留学記 英語留学で過ごした3か月 私が体験した学校入学の流れ

f:id:chihonakajima:20151112203148j:plain

 

今晩は CHIHOです。

 

今回は

日本を発ってバコロドの学校に入学するまでの流れを紹介します。

 

他の学校は知らないですが(苦笑)

こうして留学がスタートするのか。。。。

とイメージしてもらえたら少しは不安が消えるかな?と。

 

ちなみに私が行ってたのは

韓国資本の学校です。

 

日本からバコロドへ

私はその時、地元関西にいましたので

関西国際空港~マニラ~バコロド

とマニラ経由で行きました。

 

月曜から始まる入学日に合わせて

日曜に日本を出発しました。

 

利用したエアーは

LCCのセブパシフィックです。

 

関空~マニラは4時間のフライト

乗り継ぎの為

深夜のマニラ空港で5時間ほど過ごし

マニラ~バコロドは1時間ほどのフライトです。

 

バコロド空港には午前中に着きました。

すでに学校の送迎車が待っていました。

 

当時、日本人のスタッフがいなかったので

韓国人マネージャーが迎えに来ました。

 

片言英語で学校の名前と自分の名前を確認します。

この時、他に3人の日本人と一緒でした。

ワゴン車にみんなで乗り込んで学校のある市街地へ向かいます。 

 

と言った感じで

ツアーの送迎システムとまったく一緒の流れでした。

 

学校到着

まずはオフィスへ向かいます。

 

そこでは

  1. 長期滞在ビザ申請のための書類提出
  2. 英語のレベルテスト
  3. 学校の説明(ニックネーム決め)

などを行いました。

 

1.ビザ

私は3か月滞在したのでビザが必要です。

滞在する期間と比例して料金が変わります。

ビザの申請自体は学校がやってくれるので

パスポートや写真、料金など必要なものを提出します。

これは日本にいるときにエージェントから教えてもらってることなので

準備したものを渡すだけです。

 

2.英語テスト

筆記テストとスピーキングテストです。

ピーキングはフィリピン人の先生が担当し

日本語の入る余地は全くありません。

英語で聞かれて英語で答えます。(涙)

私は名前や年齢だけを名乗り

あとはアワアワした記憶しか残ってません(失笑)

 

3.学校の説明

今後の日程や学校の施設などの簡単な説明を受けます。

日本人スタッフがいなかったので

日本人生徒が通訳として説明してくれました。

そして、学校生活で使う自分のニックネームを決めます。

私は単純にCHIHOにしました。

 

買い出し

近くのショッピングモールに行き

両替とともに買い出しに行きます。

メインは日用品でトイレットペーパーなどですね。

あと日本では手に入らないバコロドの市街地MAPです。

とりあえずどういうものが必要かレクチャーしてくれましたので

アドバイス通り買い物を済ませました。

 

そして部屋へ

私は料金を抑えるためにシェアルームを選択してたので

Ellyという韓国人女性との2人部屋に入ることになりました。

それが彼女が学校を発つ日まで共に過ごす友人との出会いでした。

 

 

これが一般的かは分かりませんが

こうしてバコロドでの初日が終わりました。

翌日からはいよいよマンツーマンレッスンのはじまりはじまり~^^

 

【関連記事】

語学留学記 フィリピン カテゴリーの記事一覧 - CHIHO’s blog