読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

CHIHO’s blog

旅や食から心理、スピリチュアルなど好きなものを発信します

イギリス留学記 イギリス名物『パンティング』 留学生の私は無料で楽しめちゃいました^^

語学留学記 イギリス

 

f:id:chihonakajima:20170315121038j:plain

 

こんにちは CHIHOです。

 

今回は私もイギリスに行って知った

イギリス伝統の舟遊び

パンティング Punting

についてのエピソードを綴っていきます^^

 

学校経由のアクティビティ

私の通っていた語学学校では
学生向けに観光などのアクティビティを紹介していたので
これを利用するとお手軽にリーズナブルにイギリス観光が出来ました。

 大体が日帰りで行くバスツアーなのですが
「ただでパンティングに乗れるらしい」
と聞きつけて学校のスタッフに聞いてみると

「予約なんかは要らないから直接行け」

とのことでした。

 さすがに一人で乗っても楽しくないので
クラスメイトやら
学校では見かけて挨拶するけれど。。。程度の友達と
都合を合わせ、こぞってパンティングへ出かけていったのでした。

 

パンティングとは

f:id:chihonakajima:20170315105419j:plain

川にボートを浮かべて
長~い棒で川底や川岸などを押して進む人力の川遊びです。

川の流れが穏やかなので
周りの景色を楽しみながら
とてものんびりとした時間を過ごせます。

私が留学していたケンブリッジには

ケム川 Cam River

が市街地を流れていて
そこでパンティングが出来ました。

 

タダでは乗れない

船着き場に到着し
私たちの通っている語学学校名を告げ
そこの学生だと名乗ると
パンティングのスタッフはこう言いました。

「自力で漕ぐならタダ。漕ぎ手を頼むなら有料だよ」

 

おおお???

なんか無料だと聞いてきたけど
そういうからくりがあったのね~kkk

 

運よく男子がワンサカいたので
彼らに漕ぎ手を一手に任せて
いざ、無料でパンティングー!!!www

 

こんな感じ

ケム川からは異国感満載の景色が~

f:id:chihonakajima:20170315105901j:plain

 

こんな感じで乗ってます~

f:id:chihonakajima:20170315110406j:plain

 

建物同士をつなぐ橋の風景

f:id:chihonakajima:20170315110438j:plain

 

何か所か橋をくぐるポイントがあり
そんな時はみんな超エキサイティングでした!!!w

 

 

調子に乗ってると。。。

パンティングを始める際、スタッフに言われたことは

「調子に乗って遠くまで行くなよ」

そう、これは一般的な川下りのようにワンウェイではなく
最後は船乗り場に戻ってこなくてはならなかったのです。

多分、有料だと漕ぎ手が同乗するので
先にある船着き場で降りることが出来たりするのでしょうが
私たちの場合は船をほったらかしにはできない。

最初は風景と船に乗ってるテンションで
みんなノリノリでいたのですが
かなり進んだところで引き返すことにし
もう一度同じ風景を見ながらのリターンウェイでは

男子は汗だくだく!!!

それでも笑顔で最後まで漕ぎ続けてくれたので
大・大・大感謝の中
初パンティングは無事終えたのでした。

 

地図と詳細

f:id:chihonakajima:20170315113618p:plain

学校で教えてもらうまま
クラスメイトについていったのであやふやですが
乗ったのは赤丸のエリアからです。

ケンブリッジセンターからは歩いて10分ほど。

 

そこに在ったパンティングのサイトはこちらです。(英語表記)

www.scudamores.com

確かここのを利用したと思います^^

安くても1隻90分借りるのに30£(約4500円)

タダで乗れてラッキー^^

 

まとめ

ケンブリッジ界隈の『観光地』を
船から眺める景色はまた格別でした。

時期的に初春だったので水辺は少し肌寒かったですが
春から秋にかけてはとても楽しいアクティビティだと思うので
チャンスがあればぜひ。

語学学校を通して聞けば
私のようにタダでトライできるかもしれません^^

 

 

【関連記事】

chihonakajima.hatenablog.com