読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

CHIHO’s blog

旅や食から心理、スピリチュアルなど好きなものを発信します

モロッコ1人旅行記 マラケシュで偶然見つけた モロッコ人のお風呂『ハマム』を見学させてもらえました^^

f:id:chihonakajima:20170421100421j:plain

 

こんにちは CHIHOです。

 

今回はマラケシュメディナを彷徨っていたときに
偶然見つけた

モロッコ庶民の入浴施設 ハマム

でのエピソードを綴っていきます^^

 

 

偶然に。。。

マラケシュメディナ北側を
当てもなく散策していたときに
なんとなく路地に入ってみました。

そこは5差路ほど道が分かれているところだったのですが

f:id:chihonakajima:20170421111649j:plain

一番何もなさそうな暗い道へ進むと
人も店も扉さえも何もない場所に
それは突然現れました。

f:id:chihonakajima:20170421100801j:plain

最初は「きれいな装飾の入口だな」程度でスルー
そのままさらに奥へと進んだのですが
かなり道も狭くなってきたので引き返すことに。

再びこの入口の前を通ったとき
他の民家よりも入口の装飾が凝っていたので
まじまじと観察しているとそこに
HAMMAM ハマム の文字が!!!!! 

f:id:chihonakajima:20170421112144j:plain

 

 

ハマムとは

イスラム教徒が利用する伝統的な蒸し風呂のことで
蒸気の満ちた部屋に座り、じわじわ汗をかいて過ごします。

場所によっては
洗ったりマッサージをするおじさんやおばさんが中で常駐し
サービスを受けることが出来ます。

ここでは入らなかったですが
昔トルコで入ったハマムではサービス込みの料金だったので
温かい石の台に寝ていると
順におばさんがマッサージをしながら泡たっぷりで洗ってくれました。

 

 

中へ

こんな所にハマムってあるんだー!!!!

と驚きとともに
入口をまじまじと眺めていたら
若い男性とおばあさんが談笑していました。

目が合った私は会釈だけ返し
まだも観察していると
ハマムに入りたい客だと思われたようで
男性の方が道をあけ手招きしてきました。

準備をしていなかったので
入るつもりは毛頭なかったのですが
男性に合わせておばあさんの方も優しく微笑み返してくるので
思い切ってこう切り出してみました。

「私はハマムには入らないけれど、中を見させてもらえないか」

と。

男性は少し英語が出来るようで
「いいよ。」と応えると同時に
私の事情をおばあさんに話してくれて
おばあさんの案内で中に入ることが出来ました。

 

 

中の様子

大理石らしき白い石と白と青のタイルを基調とした
とても清潔感溢れる内装で
日差しが入り込みほんのり明るくとても良い感じ。

奥へ進むとアルミ製のドアがあり
おばあさんが開けると
蒸し暑い湿気を帯びた空気が一気に顔に吹き付けてきました。

そこらに置かれた荷物の様子から入浴客が居たようなので
服を着たまま中を見るのは申し訳ないなと
ドアの先はのぞき込まなかったのですが
おばあさんは身振り手振りで案内してくれ
最後には写真も撮らせてくれました。

 

f:id:chihonakajima:20170421101557j:plain

銭湯でいう番台らしき受付

 

f:id:chihonakajima:20170421101631j:plain

脱衣所兼休憩所 とても涼しい

 

場所と地図

ザックリとしていますが大体この赤丸の辺り
ジャマ・エル・フナ広場から北側のところにありました。

f:id:chihonakajima:20170421104211p:plain

Hammam Mouassine ハマム モウアシーン

 

入浴料は多分10dh

おばあさんとは言葉が通じなかったのですが
番頭らしきところにこの料金が貼ってあったので
入るだけならこの料金で入れると思います。
あくまで私の予想です。

 

時間は5時~24時のよう。

私が訪れたのは10時台だったのですが
すでに何人か入っているようでした。

 

HPはなかったので
FaceBookはこちら➡ Hammam Mouassine - ページ情報 | Facebook

 

 

f:id:chihonakajima:20170421104704j:plain

写真にあるような小さめの広場が目印で
このハマムは男女で完全に場所が分かれていました。

男性用はこの広場に面したところに入口があり
女性用はこの広場から続く矢印のところの路地を入って
道なりにしばらく進むと入口が現れました。

f:id:chihonakajima:20170421105126j:plain

別アングルの写真です。

 

 

持ち物など利用ポイント

1.水着を持って行こう~

水着着用で入ります。露出の多いビキニの方が洗いやすいです。

 

2.貴重品は持参しない

ハマムにはオープンな棚などがあるだけで
コインロッカーのようなものは皆無
利用客はベンチにかばんを置いてあるだけ。

物々しい雰囲気ではないですが
盗られて困るものは持って行かないのがベスト。

 

3.洗いたい人は石鹸なども持参で

日本の銭湯のような感覚で行った方が良いです。

 

 

まとめ

たまたま見つけたハマムでしたが
案内の後、料金を請求されることもなく
見ることだけでも出来て良かったです。

探していくのは大変かもしれないですが
狭いメディナの中で突如開けた広場が現れるので
それを目安に探すか
有名そうなので聞いてみるのも手かもしれません。
(ガイド料をせびられるかもしれないですが。。。)

その後のモロッコ旅で出会ったハマムは
マッサージなども込みでしたが
200~300dhと観光客向けの多額な施設しかなかったので
興味のある方はぜひこのマラケシュでトライしてみては^^

 

 

 

【関連記事】 

モロッコ旅行記 マラケシュ カテゴリーの記事一覧 - CHIHO’s blog

モロッコ旅行記 カテゴリーの記事一覧 - CHIHO’s blog