読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

CHIHO’s blog

旅や食から心理、スピリチュアルなど好きなものを発信します

屋久島に行ってきました^^ 元移住者が巡るおすすめの観光 温泉編①

f:id:chihonakajima:20160428134136j:plain

こんにちは CHIHOです。

屋久島には温泉が思いのほかたくさんあるのですが
その中で私の好きな温泉その1

湯泊温泉(ゆどまりおんせん)

を紹介したいと思います。

 

地図と行き方

f:id:chihonakajima:20160428134511j:plain

南側の大きな集落「尾之間」から4つ目の集落「湯泊」の海岸にあります。

 

湯泊までの所要時間

宮之浦~  70分

安房~   45分

尾之間~  15分

 

f:id:chihonakajima:20160428145842p:plain

県道を西に向かって走っていると湯泊集落の真ん中に
★「湯泊温泉」と書かれた小さな看板が左手に出てくるので
(県道の右手には湯泊郵便局があります)
その案内通りに左折し、道なりに湯泊の集落に入っていきます。

分かれ道には同じように★「湯泊温泉」と書かれた看板が出てくるので
その通りに進んで行くと海岸まで出ることが出来ます。

 

県道から湯泊温泉までの所要時間

車  1,2分

徒歩 5,6分(かなり傾斜のある道です。帰りは上りになります。)

 

昔は、集落の県道沿いに車を止め歩いて海岸まで降りたのですが
今では駐車場へ続く立派な車道が出来て、更衣室・トイレも設けられています。

f:id:chihonakajima:20160428135131j:plain

(湯泊温泉の駐車場と更衣室・WC
 車は写真の奥から駐車場に入ります)

 

利用方法

【準備すると良いもの】

・タオル

ビーサン

・ペンライト・懐中電灯

・風呂桶

 

  • 入浴料は100円

堤防のところに管理費を入れるポスト(緑色)が設置されています。

いわゆる入浴料です。

管理人などはいないので自己申告制です。

 

  • 原則、タオル・水着不可

湯泊には湯舟が2か所と、足湯が1か所あります。

もともと、湯泊集落の島民がお風呂として利用していたので
タオルや水着をつけての入浴は不可でした。

私も夜に何もつけないで入りに行ってました。

が!!!

現時点では沖の岩場にある湯舟では
タオルや水着が可になったようです。

f:id:chihonakajima:20160428140316j:plain

 

  • 洗うではなく、浸かる

湯泊温泉は俗に言う「野天風呂」で海岸に湯舟があるのみです。

石鹸などで体を洗うのではなく(島民の方は洗ってます)
ゆっくり浸かりに行くのにもってこいの場所なので
宿などでお風呂を浴びて汗を流してから
お湯に浸かりに行くのをおすすめします。

風呂桶など何もないので、持っていない場合は
かかり湯は手でバシャバシャ掛ける形になります。

宿で風呂桶を借りることが出来るなら
借りて持参するのをおすすめします。

 

  • 夜はライトが必要、照らし方にマナーを

ただただ湯舟があるだけの温泉なので
照明などのライトは一切ありません。

沖の湯舟に行くときには足元を照らす懐中電灯があれば便利です。

ただ、手前の湯舟に入浴客がいることがあるので
ライトを使うのは自分の足元のみ!!!

以前、夜に浸かっていたときに
容赦なく湯舟を照らしてくる観光客に遭遇しました。
(地元の方など分かっている方はそのようなことはしません)

こちらは全裸で浸かっているのに
相手はお構いなしなのです。

速攻、照らすのを止めるよう注意しました!!!

目が慣れれば、月明かりや星明かりで周りを見るのは十分ですし
足元が不安であれば、自分の足元だけを照らすのがマナーです。

当時より沖の湯舟への道も舗装され
かなり歩きやすくなっているので
ライトの使い方には注意が必要です。

f:id:chihonakajima:20160428141443j:plain

(今の沖の湯舟への道。
 奥に続くでこぼこした岩肌では
 へこんだ所にコンクリートが流し込まれていて
 かなり歩きやすくなっています。
 夜にはそのコンクリートがぼんやり白く浮き上がって見れるので
 目が慣れれば道が分かります。)

 

おすすめポイント

  • お湯がぬるめ

屋久島の他の温泉に比べてお湯がぬるく
長時間入っていられるのが湯泊の良いところです。

春~秋に掛けて「涼しい」くらいの気候なら
入ることが出来ます。

始めはぬるいので「少し寒い」と感じるかもしれませんが
長く入っていると上がる頃にはポカポカしています。

温泉で長風呂ゆえの効果かなと思います。

私は長風呂が苦手なのですが
湯泊なら1時間くらい平気で入っていられます。

 

  • 波の音を聞きながら

私はもっぱら沖にある湯舟に浸かるのですが
海の荒れているときは湯舟に波しぶきが来るくらい
海のそばなので波の音を聞きながら浸かれます。

 

  • 月や星を眺めながら

私は都会育ちなので、月明かりはもちろんのこと
星明かりでもこんなに明るいんだと驚いたのが屋久島でした。

暑い時期でないと星空観察は冷えとの戦いになりますが
湯泊ならお湯に浸かりながら星空や月をゆったり眺められます。

 

  • 春から初夏にはホタルも見れる

今の湯泊駐車場のそばには沢があり
かつてはそこに、たくさんのホタルがいました。

そのおかげか、当時は湯船から岩場を飛ぶホタルを見ることが出来ました。

10数年以上経って訪れた今回
駐車場整備などでかつての沢は姿を変え
ホタルはもういないかなぁと思っていたら
今回もホタルを見ることが出来ました!!

私が見ることの出来た時期は

3月下旬~6月頃まで

屋久島でホタルを見れる時期には
湯泊でお湯に浸かりながら見ることが出来ると思います。

 

まとめ

昔に比べ車でのアクセスが便利になった湯泊温泉

同じ野天風呂の「平内海中温泉」とは違い
潮の満ち引きを気にせずに24時間入れます。

また、登山などで疲れた体を癒すのに温泉はもってこいです。

私は当時、ユースホステルで働いていたので
毎日早朝から夜まで体力勝負の仕事の中
いつもくたくたになってました(苦笑)

湯泊を教えてもらい通うようになってから
日々の疲れを感じなくなりました。

タオルや水着を着けられるようになり
女性は特に以前よりも利用しやすくなったので
なかなか味わえない海岸の野天風呂
入る価値は大いにあり!!!

超おすすめの温泉です^^

 

【関連記事】

chihonakajima.hatenablog.com

 

屋久島 カテゴリーの記事一覧 - CHIHO’s blog