読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

CHIHO’s blog

旅や食から心理、スピリチュアルなど好きなものを発信します

フィリピンでの留学記 英語留学で過ごした3か月 市民の足 その② トライシクルは小回りがききます^^

f:id:chihonakajima:20151114191721j:plain

 

今晩は CHIHOです。

 

市民の足その①のジプニーに続いて

今回は

トライシクル

をご紹介します^^

 

由来

Tri(トライ=3)

cycle(サイクル=自転車・単車など)

三輪バイクという意味です。

 

定員

通常は5~6人くらいまでですが

バイクが動けば乗れるだけ乗ることができます。

かつて8人くらいで乗ったことがあります。(笑)

 ⇩ ⇩ ⇩ 

f:id:chihonakajima:20151114192917j:plain

サイドカーの前列に2人

サイドカーの後列に2~3人

サイドカーのサイドに1人

ドライバーの後ろに1~2人

屋根に1人

 

あまり多いと当り前ですが

フルスロットルでもゆっくり進みます。

エンジンの悲鳴が聞こえてきます。(失笑)

ドライバーも不機嫌になったり?!します。(苦笑)

 

交渉次第でどこまでも?!

小回りの利くバイクタクシーみたいなものなので

頼めばある程度はどこまでも走ってくれます。

近場はトライシクル

遠いところはタクシー

という暗黙のルールがありますが

値段と距離と周辺の状況によって使い分けます。

 

料金も交渉

必ず利用する前に交渉してください!!!

1台20~40ペソぐらいで交渉します。

近場のレストランなどに行くときに

5,6人で乗って一人4~5ペソくらい払ってました。

遠くなったり、人数が少なければ

一人当たりの料金が割高になっていきます。

ジプニーの方が断然割安なんですが

トライシクルは狭い路地を

目的地まで送ってくれるので

一長一短ですね。。。(苦笑)

 

また、小さな町などではジプニーはなく

タクシーかトライシクルだけということも。

そういうエリアでのトライシクルは

いい値段で交渉してきます。

 

スピードに注意

ドライバーはバイクを運転している感覚なので

乗車人数が適正(4~6人)だと

飛ばし方が半端ないです。

サイドカーからはみ出して箱乗り状態だったりすると

スレッスレを猛烈なスピードでグイグイ巻いて行ったりします。

危ないと感じた時は

「スピードを遅めて」

など伝えた方がいいですね。

 

臨場感が気持ちいい

このようなある意味危ない乗り物で街を走り抜けるのは

日本では味わえない貴重な経験です。(笑)

体が乗り物からはみ出たり

しまいには屋根にまで乗るなんで

日本じゃ捕まりますもんね(笑)

乗車中に感じる風や空気は

自分で走るバイクや

窓を開けて乗る車とは

全く違った解放感と臨場感があります。

 

まとめ

グループで行動するときには

がぜん利便性が高くなるのがトライシクルです。

狭い路地裏もスイスイ行ってくれます。

 

貴重な体験としても一度は乗っていただきたいので

昼間に最低でも3,4人のグループでトライしてもらえれば

安全に楽しんで乗れると思います^^

 

【関連記事】

フィリピンでの留学記 英語留学で過ごした3か月 庶民の足 その① 激安ジプニー - CHIHO’s blog

語学留学記 フィリピン カテゴリーの記事一覧 - CHIHO’s blog