読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

CHIHO’s blog

旅や食から心理、スピリチュアルなど好きなものを発信します

フィリピンでの留学記 英語留学で過ごした3か月 持ち物って悩みますよね??? 私の場合は。。。

f:id:chihonakajima:20151113092157j:plain

(SMモール内のスーパー バコロド フィリピン 2012年 )

 

こんにちは CHIHOです。

 

フィリピンの留学記を書いてから

アクセスと読者の方々が増えています。。。。

 

ありがとうございますっ!!!^^

 

感謝とともに

フィリピン留学に興味のある方が多いんだなと

痛感しています。

 

今回はバコロドの買い物事情とともに

3か月の留学で何を持っていけばいいのか

綴っていきたいと思います^^

 

私が持って行ったもの

まずはズラッと書きあげます。

  1. 衣類(夏物)・・・上5着、下4着ほど。涼しくてラクを重視。                                         ・        学校では無料の洗濯サービスあり。
  2. 水着・・・・・・・トルコ旅行で買ったもの。無料プールがあったため
  3. サングラス・・・・トルコ旅行で買ったもの。念のため
  4. 日傘・・・・・・・日焼け止めに肌が負けるので
  5. 化粧品類・・・・・これも肌が負けるので普段使いの日本製
  6. 風邪薬      ー以下に詳細
  7. 肌用塗り薬(常備薬)ー以下に詳細
  8. 胃薬(正露丸)  ー以下に詳細
  9. 石鹸・シャンプー類ー以下に詳細
  10. タオル・・・・・・バスタオルをタオルケットとして
  11. ノートパソコン・・ノート代わりにも利用(紙は重い!)
  12. カメラ・充電器・・小さいデジカメ
  13. プラグ・・・・・・フィリピンはA・B3・C 留学先ではB3を持参
  14. 電子辞書    ー以下に詳細
  15. 電池      ー以下に詳細
  16. 筆記用具・・・・・テストがあるのでシャーペンと消しゴムも
  17. ノート・・・・・・1冊のみ。まとめ用に
  18. 蚊取り線香・・・・部屋での『蚊』対策&お香用(香りが好きなので)
  19. ティッシュ類・・・ボックスひと箱&ウェットティッシュ

こんなものでしょうか。。。

 

女性としてはかなり少ないかなと思います。

私はどこへ行くにも軽装なので^^

しかもLCCには厳しい荷物制限(20kg以内)があり

越えたら追加料金が必要ですからね。

少ないに越したことはない!

最低限の生活と勉強が出来ればいいんです。(笑)

 

留学のために購入したもの

 6,7,8.薬類

   留学だけに限らず、海外に行くときは持っていきます。

 

 9.シャンプー類

   皮膚科に通院するくらい肌が弱いので日本製を持参しました。

   少しでも軽くと詰め替え用をそのまま持って行き、直使い。

   プラスチック容器も私には重いっ。(笑)

   3か月でショートカットの私は使いきれませんでした。

   石鹸は3個持って行き、洗濯用と共有しました。

 

 14,15.電子辞書・電池

   これは必須です!!英語留学しに行きますからね。 

   f:id:chihonakajima:20151113100724j:plain

   私はこれを持っていきました。

   SHARP PW-AC20

   6×12cmの手のひらサイズです。

   先生にはあまりの小ささに携帯?と驚かれました。(笑)

   8000円くらいで購入しました。

   今は販売が終わっていて、後継モデルが出てるようです。

   毎日使うので替えの電池も必要です。

 

あって重宝したもの

  • インスタントの味噌汁・ふりかけ類

私 アンチ「海外で日本食」派です。

「郷に入れば郷に従え」

ー貴重な海外での食事どきに日本食を入り込ませたくない!

これをモットーとして海外を巡っています。

フィリピンでの3か月、イギリスでの6か月でも

日本食は一切持参しませんでした。。。。。

 

私 辛いものが食べられません。

 

バコロドの学校は韓国資本でしたので

出される食事には

そこにもここにもトウガラシがっ!!!

透き通った野菜のスープにすら

ネギに見せかけた青トウガラシがっ!!!

 

何というトラップ。。。(涙)

 

そういう意味で

白ごはん以外食べられるものがない時がありました。

そんなときに

帰国する日本人の友人たちの置き土産である

インスタント味噌汁やふりかけなどが

私を助けてくれたのでした^^

 

食事が合わないことを心配して日本食を持って行く人は

なんか損してるぞ―!!!

と言う思いは変わりませんが(鬼)

重宝したのは事実です。

 

ちなみにこのストックが切れた頃には

からい食事と戦う日々に戻りました。(頑固)

 

  • お菓子やインスタントヌードルなどの日本食品
  • 日本文化を感じるもの(写真でも可)

レッスンのネタとしていい味出します。

私たちが異文化に興味があるように

相手も日本の文化に興味があるんですよね。

またお菓子などはクオリティーが高いので

大変喜ばれます。

留学の時は手ぶらで行ったので

再訪の時には忘れず持って行きました^^

 

フィリピンで買える物

トップの写真のように

ショッピングモールにあるスーパーは

日本のそれと何ら変わりません。

多少クオリティーの差はありますが

生きてくのに必要なものは何でも揃います。

 

現地で調達した物

  • トイレットペーパー
  • ビーサン(100円~)
  • 足ふきマット用の安タオル
  • ビーチ用の短パン
  • ハンガー

 

日本から持参したが現地で調達できる物

 1.衣類 Tシャツなどはこだわらなければ100円くらいから

 3.サングラス 

 5~8.薬類 アメリカなどの海外の市販薬が置いてます

 9.シャンプー類 Lux、Dove、Johnson&Johnsonなど日本でもおなじみ

 10.タオル ちょっと安い感は否めないですが

 16,17.文具類

 18.蚊取り線香 でかくて効き目はすごそうでした

 19.ティッシュ類

 

日本の100均の方が安くてクオリティーが高いものもありますが

荷物を極力減らしたいなら、日用品はだいたい現地で揃います。

 

シャンプーなど海外ブランドのものは輸入品なので

現地ブランドより高いです。

 

まとめ 

バコロドでは

日本と大差ないショッピングモールやスーパーが存在します。

クオリティーや値段にこだわらなければほぼ何でも揃います。

現地ブランドは日本に比べて安いです。

海外ブランドは日本と同じかちょっと高いですね。

 

また留学する韓国人が多いので

韓国製品も

日本人も増えてきたので

日本製品

置いてあります。

 

海苔やワサビ、しょうゆ

うどん・そばなどの乾麺やお菓子など

いろいろあります。

 

ただ

フィリピンにとっては輸入品

つまり

日本に比べてバカ高いです!!

 

なんとなくフィリピン・バコロドの一面が

ちょっと見えたでしょうか?

 

おいおいエピソードとともに

スーパーの実態などまだまだ触れていきますね^^

 

【関連記事】

語学留学記 フィリピン カテゴリーの記事一覧 - CHIHO’s blog