読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

CHIHO’s blog

旅や食から心理、スピリチュアルなど好きなものを発信します

モロッコ1人旅行記 モロッコは猫の国 猫の写真をコレクション🐈

f:id:chihonakajima:20170416160903j:plain

 

こんにちは CHIHOです。

 

モロッコ各所に猫がいっぱい居たので
今回は
撮ってきた猫の写真をまとめてあげようと思います🐈

宗教上、猫が大切にされてるからたくさんいるようです。

 

モロッコの猫は比較的顔がシャープで
目もまんまるというよりはつりあがっているのが多かったです。

 

子猫も多くいて、とても可愛かったのですが
衛生面を考えて触るのは控えました。

 

 

マラケシュ

f:id:chihonakajima:20170416161139j:plain

トップ写真のベージュの子猫。

泊まった『ホステル レインボー』で飼われていたっぽいです。

とても人懐っこく、この時も子猫の方から近寄ってきました^^

 

 

f:id:chihonakajima:20170416161251j:plain

鉄鋼加工所?にいた猫。

f:id:chihonakajima:20170416161400j:plain

実際にはこれくらい離れてないと逃げちゃいます(笑)

 

 

f:id:chihonakajima:20170416161608j:plain

メディナのお店の前で。

旅の間、子猫もよく見かけました。

後ろの雑貨がモロッコ感満載です^^

 

 

ワルザザード

f:id:chihonakajima:20170416162417j:plain

ワルザザードにある『ティルエットのカスバ』の観光中にいた猫。

 

 

メルズーガ

f:id:chihonakajima:20170416162530j:plain

サハラ砂漠ツアーを終えて
ホテルでバスの時間まで過ごしていたときに
まだ目も開いて無い子猫がいるのを発見!!!

 

 

フェズ

f:id:chihonakajima:20170416161701j:plain

フェズのメディナのお店にいた猫。

こんな感じでシャープな顔の猫が多かったです。

それにしても「凛」としてるなぁwww

 

 

シェフシャウエン

f:id:chihonakajima:20170416162648j:plain

こちらも親子の猫。

f:id:chihonakajima:20170416162712j:plain

何とか子猫の顔を!!!

と粘るも終了~

 

 

番外編

マラケシュ

f:id:chihonakajima:20170416162846j:plain

めちゃくちゃ足が短いので思わずパシャリ。

日本ではこんな雑種、見かけたことないなぁ。。。。

 

シェフシャウエン

f:id:chihonakajima:20170416162950j:plain

地面で直に寝ると冷えるからだろう
オープン前の市場の棚の上で堂々と寝る犬。

なぜだろう、街に合わせてかカバーも青系。

 

 

以上、モロッコの街で見かけた猫と犬でした^^

 

 

chihonakajima.hatenablog.com

 

モロッコ1人旅行記 マラケシュでのごはん   タジン、クスクス、パニーニ 私が食べたお店を まとめて紹介^^ 

f:id:chihonakajima:20170416120212j:plain

 

こんにちは CHIHOです。

 

今回はマラケシュで食べたモロッコ料理を
お店と共に綴っていきます^^

 

 

1日目夜 ベジタブルタジン

f:id:chihonakajima:20170416121242j:plain

一日目の夜、フナ広場にあるレストランで食べたのが
このベジタブルタジン

タジンとはタジン鍋
食材を蒸し焼きのようにして調理したモロッコ料理のこと

まぁまぁ人が入っていたのでこのお店に決めたのですが
タジンで蒸されたわけではなく
別で作ったものをタジンに乗せて提供したという感じで
そんなに美味しくなかったです(苦笑)

ただ、モロッコでの食事では写真にあるような丸い硬いパンが
ほぼ必ず付いてくるのでお腹はいっぱいになりました。

 

メニュー

f:id:chihonakajima:20170416121537j:plain

私は水色で囲んだ 
タジン ベジタブル 30dh(約350円 1dh=約11.5円)
をオーダー

メニューは仏語で上から順に

タジン ビーフ 30dh

タジン チキン 30dh

タジン プルーン 50dh(これは何かのタジンにプルーンも入ってるということ)

タジン ベジタブル 30dh

タジン 挽き肉(ミートボール)30dh

支払いはチップを加えて35dh払いました。

 

場所と地図

f:id:chihonakajima:20170416122513p:plain

緑星の場所にあり
ジェラートを食べたCafe Arganaの並びにあります。

 

 

2日目昼 パニーニ

f:id:chihonakajima:20170416123205j:plain

2日目の昼はジャマ・エル・フナ広場から外に出て
クトゥビア・モスクの塔『クトゥビア・ミナレット』が
テラスから見えるカフェCafe Snack CHAWARMA 

モンジュースとチーズのパニーニを食べました^^

パニーニとはイタリアのホットサンドで
楕円形の平たいパンに好むの具材を挟んで焼いてある料理のこと

暑さで喉はカラカラ、ただお腹はあまり空いていなかったので
軽めに済ませようと頼んだのですが
チーズ以外にトマトなどの野菜も挟んであり
ポテトも付いていたので結構なボリュームでした。

 

メニュー

f:id:chihonakajima:20170416124331j:plain

他にもタジンやサラダなどメニューも豊富でした。

パニーニが20dh レモンジュースが15dh

合計35dhにチップで40dhくらいかなと思っていたら
請求されたのは32dh

多分計算間違いか、英語に訳し間違ったのでしょうね~

ちょっと得しました^^

 

地図と場所

f:id:chihonakajima:20170416130322p:plain

緑星の場所にあります。

分かりやすい道のりは黄色い線のように
ジャマ・エル・フナ広場から緑地帯を左に見たまま直進
大きな道路に出たら渡らずに右に曲がって道なりに進むと右手にあります。

 

感想など

モンジュースはレモン果汁と水を合わせた感じで
多少の酸味はありましたが飲みやすかったです。

ガムシロの代わりにグラニュー糖を渡されたのですが
パニーニが出来上がるまで待つ間
ジュースに加えてぐるぐるぐるぐるぐるぐるぐるぐる混ぜて
溶かしながら飲みました(苦笑)

パニーニも付いてたフライドポテトも熱々で
とても美味しかったです^^

 

テラスからの景色はこんな感じ~

f:id:chihonakajima:20170416125052j:plain

 

カフェの外観
白丸のところで食べました^^

f:id:chihonakajima:20170416125511j:plain

紙はなかったですが、トイレもありました。

このカフェの1階にジェラートが置いてあり
ジャマ・エル・フナ広場よりも安く
食後に食べようと思っていたのですが
お腹がいっぱいになり食べられませんでした(残念)

 

 

2日目夜 ベジタブルクスクス

f:id:chihonakajima:20170416132653j:plain

2日目の夜は宿のそばにありいつ見ても人でいっぱいだったので
このお店にしました。

クスクスとは小さな粒状をしたパスタの一種で
茹でたり蒸したりして調理するモロッコ料理のこと

写真では見えないですが
山状になった野菜の下には大量のクスクスがあります。

このお店はきちんとタジンで蒸して作るので時間はかかりますが
モロッコ旅で食べたクスクスの中で一番美味しかったです^^

値段は40dh(約450円)
持っていた小銭をチップとして43.5dh払いました。

蓋をしたままテーブルに運ばれて目の前で開けてくれました。

クスクスなので例の丸いパンはついてきませんが
なかなかのボリュームで水を飲むと一気に満腹感が!!!

結局、全部食べることが出来ませんでした。

 

地図と場所

f:id:chihonakajima:20170416134326p:plain

 ホステルレインボーの路地から
ルー・ケナリア通りに出て右に行くとあります。

 

外観の写真は撮り忘れたのですが
店内から外の景色はこんな感じ~

f:id:chihonakajima:20170416133438j:plain

 

突き出しのような感じで
オリーブのマリネも出てきました^^

f:id:chihonakajima:20170416150412j:plain

塩味が利いていたので
クスクスと一緒に食べるとちょうどよかったです。

 

まとめ

マラケシュでは支払いの時にチップが必要ですが
注文分の料金のみを言われるので
そこでちょうど支払うと、チップを請求されました。

目安は10%ほどでいいかなと思います。

だいたい30~50dhで十分食事ができるので
チップは5dh程度で良いと思います。

 

【関連記事】

chihonakajima.hatenablog.com

chihonakajima.hatenablog.com

chihonakajima.hatenablog.com

モロッコ1人旅行記 マラケシュのメディナ北側 案内されるまま訪れた『皮なめし職人エリア』で なめし職人とバトる!!! 後編

f:id:chihonakajima:20170416093209j:plain

 

こんにちは CHIHOです。

 

早速『なめし職人とバトル』後編です。

 

前編はこちら

モロッコ1人旅行記 マラケシュのメディナ北側 案内されるまま訪れた『皮なめし職人エリア』で なめし職人とバトる!!! 前編 - CHIHO’s blog

 

やっぱり

そうして『なめす現場』を一通り見た後

f:id:chihonakajima:20170416114540j:plain


皮製品のお店に連れていかれました。

やっぱり(苦笑)

今度はおじいさんが待っていて
「まあ座れ」と促され
早速、革製のクッションカバーの説明を受けることに。

私は昔からネゴシエイト(交渉)には自信があったので
『興味ないなぁ感』を全開にしていると
相手も早々に説明を止め、諦めムード。

ただ、モロッコ土産に買って帰ろうかなと思っていた
バブーシュ(皮の室内靴)も展示されていたので
「一体いくらくらいなんだろう?」
と相場を知るために聞いてみたところ
なんだか奥の会計場所に連れていかれて
はじかれた電卓の示す値は290dh(約3000円強)

「いやいや、そんだけ出せば日本でも買えるし」

と思い首を横に振ると、商品を手に

「手作りで丁寧な仕上げなんだ」

と力説し出すおじいさん。

でもそうして見せられた部分は
縫い跡がしっかりと表に出ていて
モロッコに着いて初めてバブーシュをまじまじと見た私には

あえてそんな縫い方なのか

それとも

うそぶいて粗い仕事を丁寧と言っているのか

どうにも分からない感じ。

とにかくいろいろ見比べることもなく
そんな値段で交渉したり
ましてや買うつもりもサラサラなかったので
そのまま店を後にしました。

 

とどめ

この頃にはだいぶと疲労が濃くなっていたので
記憶の道のりをたどって帰ることだけに集中していると
店のおじいさんが案内していたおじさんに声をかけ
私は呼び止められました。

疲れ切った私は「まだ何かあるの?」と対応すると

「案内料を払え。100dhだ」

とな。

「いやいや
 聞き間違えだとしてもフェスティバルから始まって
 興味のなかったタンネリを見学し
 そら、案内してはもらったけれど
 ここへたどり着くまでの案内役の青年2人は
 どちらもお金は要らないって言ってたじゃん!!!」

と返すと

「こちとら家族経営で、案内も仕事の一環だ。
 だからお金を払え」

の一点張り。

「美術館や博物館でも見るのに料金がいるだろう」

と。

多分商品を買わなかったので
なおさら案内料だけでも払えって感じ。

なんだかその騙すようなやり口に
腹が立つよりもだんだん空しくなってきた私は

「私はモロッコに来るのが長年の夢で
 こうしてようやく夢が叶ってやって来た。

 案内役はさんざん「お金は要らない」と言っていたし
 美術館は入る前に、いくらいるか提示しているでしょ?

 そんなに言うなら払っても構わないが
 こんなやり方でお金を得て、あなたはそれで幸せなのか?

 初めから正直にタンネリの案内で
 いくらかかるのか申し出ておけば
 たいていの日本人は快く払うよ。

 とにかく今、私はめっちゃ悲しいし
 楽しみにしてきたモロッコで
 こんな悲しい思い出が加わる私の気持ちを
 あなたはどう感じるの?」

と。

するとおじさんは
頑として払わない私に根負けした部分もあったと思いますが

「すまなかった。もういいよ。」

と言葉を残し去っていきました。

 

まとめ

昔はこう言うやり取りに若干の興奮を覚えていた私も
最近はホントにうんざり、楽しくハッピーに過ごしたいので
「ホンマに最初から正直に言ってよ。。。」
と残念な気持ちでいっぱいでした。

これはマラケシュについた最初の夕方に起こった出来事だったので
ここからはいつものように気を引き締めて
あまり流れには任せ過ぎないよう用心し
これ以降、嫌な目に会うことはほとんどありませんでした。

断っておくと
こういう人はほんの一部で
私が旅中に出会ったほとんどのモロッコ人は良い方たちでした^^

 

【関連記事】

chihonakajima.hatenablog.com

chihonakajima.hatenablog.com

モロッコ1人旅行記 マラケシュのメディナ北側 案内されるまま訪れた『皮なめし職人エリア』で なめし職人とバトる!!! 前編

f:id:chihonakajima:20170416093209j:plain

 

こんにちは CHIHOです。

 

今回は
今、思い返しても気分の良いものではないのですが
「こういうこともあるよ」
という感じで
マラケシュメディナで遭遇した

皮なめし地区でのやり取り

を綴っていきます~

 

最初はフレンドリー

ジャマ・エル・フナ広場近くのスークで
人ごみにも、勧誘にも疲れ切った私は

f:id:chihonakajima:20170416093938j:plain

「こっちには何があるんだろう?」
という好奇心だけで
観光客のあまりいないメディナ
北へ向かって歩いていました。

f:id:chihonakajima:20170416114126j:plain

良いところで引き返そうと思いつつ
しばらく地元民にまみれて歩いていると
一人の青年が愛想よく近づいてきました。

英語で話しかけてきたのと
同じ方向を歩いていたのとで
特に避けることもなく会話をしながら進んでいると
聞こえてきたのは「フェスティバル」という単語。

しかも今日が最終日で貴重だから
そこへ案内すると言ってきたのでした。

案内料は要らないし
なんせもう終わってしまうから
行こう行こうと言われて
「フェスティバルなら面白そうだな」
と一緒について行くことにしました。

 

選手交代

そうしてしばらく歩いていると
彼と同じ年頃のモロッコ人と遭遇しました。

曰く友達だそうで
「用事があるからここからはこの友達が案内するけど
こっちも案内料は要らないから大丈夫」
と言ってきました。

ここまで結構歩いたにもかかわらず
「交代してまでまだ歩くんかい?!」
と、不信感よりは距離感に不安と疲れを感じていたのですが
「帰りは近道でショートカットできるから」
と彼らの人懐っこさと笑顔にほだされて
そのまま進むことにしました。

 

おじさん登場

そうして連れていかれた場所には
フェスティバルの様子はみじんもなく
小さな入口の前に一人のおじさんが立っていました。

おじさんと言っても私と変わらないくらいの人なのですが
案内してきた彼らより日本語を少し知っているようで
しかも「関西訛り」

変な親近感を抱きつつも
ここからはこのおじさんが案内すると言い出しました。

 

あまり何も調べずにモロッコに行ったので
(というか、本屋にも図書館にもモロッコの地球の歩き方がなく
 得られる情報が限られていた)
メディナの北側に皮なめしのエリアがあるなど知らない私。

事前に知ってたら
「あ、タンネリ(皮なめし)の案内だな」
と気づいたんでしょうが
怪しさを感じつつも
「まぁ、いいか」
と流れに任せてみました。

 

激臭と激ビジュアル

鼻を衝く激臭とともに現れたのはたくさんの水槽。

f:id:chihonakajima:20170416095259j:plain

終始英語で説明を受けてたのですが
「ラダー、ラダー(梯子)」
と聞こえる言葉が実はなまっていただけで
「レザー(皮)」のことかと理解した私。

そこで
「ああ、フェズ名物のタンネリってここにもあるんだ」
と気づいたのでした。

ただ、元々タンネリに興味のなかった私
さらにお肉を食べなくなったので
そこらにあるなめす前の皮のビジュアルや臭いにも
今まで以上に苦痛を感じたのですが
なめす工程はレベル5くらいまであるらしく(苦笑)
意気揚々と説明するおじさん。

「まぁ、いいか」
と改めて流れに任せてみました。

 

後編へ続く

モロッコ1人旅行記 マラケシュのメディナ北側 案内されるまま訪れた『皮なめし職人エリア』で なめし職人とバトる!!! 後編 - CHIHO’s blog

 

 

【関連記事】

chihonakajima.hatenablog.com

chihonakajima.hatenablog.com

モロッコ1人旅行記 おすすめ!マラケシュで食べたソフト&ジェラートは激安で美味しかった~^^

f:id:chihonakajima:20170416075816j:plain

 

こんにちは CHIHOです。

 

今回は私が

マラケシュで食べたアイス系
を綴っていきます^^

 

激安ソフトクリーム!!!

f:id:chihonakajima:20170416084032j:plain

ジャマ・エル・フナ広場界隈をうろうろしていると
ソフトを食べている人たちをよく見かけました。

「こりゃどこかに売ってるな」

とアイス大好きな私は早速散策~

そうして見つけたのがフナ広場から伸びる通りの1つにあったソフトマシン!

私はいちご大好きベリー好きなので
このお店のベリー系らしきミックスソフトを食べることにしました。

場所はこの写真の通り Passage Prince Moulay Rachid にあり

f:id:chihonakajima:20170416082105j:plain

(写真はフナ広場から通りを撮ったもの)

地図でいうこの赤いラインの辺りにあります。

f:id:chihonakajima:20170416083724p:plain

小ぶりではあるものの
値段はなんと2dh(約23円)!!!

しかもコーンよりソフトの方が長い!!!www

日本のクリーミーなソフトに比べて
シャーベット寄りの食感・味わいで
ベリー(イチゴだと思う)の酸味が効いていて
暑いマラケシュ巡りにぴったりの味わいでした^^

他にもチョコとのミックスを売っているお店もあったので
色々試してみるのも良いかもしれません。

 

激安ジェラート!!!

f:id:chihonakajima:20170416084257j:plain

ジャマ・エル・フナ広場に面した場所にあるカフェレストラン
Cafe Arganaで店頭販売されていたジェラート
地図の赤星の場所にあります。

f:id:chihonakajima:20170416085053j:plain

こちらはダブルで15dh(約170円)!!!

ちなみにシングルが8dh!

サイズは少し小ぶりですが
カップいっぱいにジェラートが入っているので
この値段でこのボリュームは大満足でした!

私はこの時、レモンとイチジクを選んだのですが
レモンはさっぱりした想像通りの美味しさで
イチジクは少し濃厚でミルキーでした。

私はレモンの方が好みでした^^

他にもチョコレートやピスタチオなどの濃厚タイプから
ベリー系、シトラス系のさっぱりタイプまで
ショーケースには20種類近くのラインナップ^^

レストランも併設してるので
お茶や食事も出来るようですが
高そうな佇まいだったので私は食べませんでした。

 

ジェラート天国?!

カフェやレストランの1階に
ジェラートボックスを構えているお店を
散策中ちらほら見かけたのですが
ジャマ・エル・フナ広場界隈から一歩外へ出ると
ジェラートの値段は少し下がっていました。

私がランチを摂ったお店では
シングルが5dh、ダブルが10dhでした。

ソフトを食べた通りにも
人が並んでいるジェラート屋さんがあったりしたので
色々試してみる価値あり!

何と言っても『安い!』ですからwww

 

まとめ

マラケシュは他に廻った都市
(フェズ・シェフシャウエン・カサブランカ
と比較しても
特別、物価が高いという印象はありませんでした。

ただ、観光客のひしめくジャマ・エル・フナ広場よりは
少し離れた場所にある方が安かった感じです。

私が訪れた3~4月の日中は日差しが強く暑かったので
ぜひぜひアイス系は試してみてください^^

 

【関連記事】

chihonakajima.hatenablog.com

chihonakajima.hatenablog.com

chihonakajima.hatenablog.com

モロッコ1人旅行記 マラケシュで絶対飲んで!!! 超おすすめ!屋台のフレッシュオレンジジュース~

f:id:chihonakajima:20170415172313j:plain

 

こんばんは CHIHOです。

 

今回はマラケシュでは必須のおすすめドリンク
ジャマ・エル・フナ広場の屋台の

フレッシュオレンジジュース

を綴っていきます^^

 

勧誘天国?! 

ジャマ・エル・フナ広場には
いろんな屋台・露天商が軒を連ねているのですが
そこでも目を引くのが

ジューススタンド!!!

f:id:chihonakajima:20170415175737j:plain

値段や種類を確認しようと
じっと屋台を見つめていると
来い来い来い来い、まぁうるさい(笑)

そのうちの一軒で

「とりあえず飲め!!!」

と赤い液体の入ったグラスを渡されました。

「味見だ、味見だ」

というので

「ブラッディ―オレンジ(赤い果肉のオレンジ)かな?」
と思い口を付けてみると「???」
なんか違う。

何なのか尋ねてみると
イチゴなどを入れたミックスジュースとのこと。

イチゴ好きの私に言わせれば
ヨーロッパなど、日本産以外のイチゴは

美味しくないっ!!!

案の定、言われて初めて
「なんとなくイチゴの味と香りが・・・」
と気づく程度なのです。

 

めっちゃ安い!!!

おかげで飲みながらお店をまじまじと観察していると
このミックスを始め、ほとんどのジュースが
10dh(約115円 1dh=約11.5円)なのに対して
オレンジジュースだけが4dh(約50円)!!!

f:id:chihonakajima:20170415180109j:plain

メニューはアラビア語と仏語
10dh ミックス   4dh オレンジジュース
10dh カクテル  15dh グレープフルーツジュース
10dh 水(大)  10dh レモンジュー
5dh  水(小)

 

味見用のジュースもまぁまぁだったのですが
万が一、美味しくなくても痛くない出費だなと
迷わず私はオレンジジュースをオーダー!!!

 

めっちゃ、うまい!!!

オレンジジュースのオーダーに
結構残念そうなスタッフだったのですが

これがめちゃくちゃ美味かった!!!!!

f:id:chihonakajima:20170415180404j:plain

(のどの渇きと美味しさでほぼ一気飲み 笑)

どうやらあらかじめ絞って
冷蔵庫にでも入れていたようで

冷たいし、めっちゃ甘い!!!

写真のように量もかなりあってこの値段

これは飲まなきゃ損!!!!!ですwww

 

ノリも良い(笑)

ジュースも買ったし良いかなぁと
写真を撮っていいか聞いたらポーズを取りだした(爆笑)

f:id:chihonakajima:20170415173830j:plain

(左がオレンジジュース4dh、右がミックスジュース10dh)

 私は店の雰囲気をさりげなく撮りたかったのだが
こうポーズを決められては撮らないわけには・・・(苦笑)

他でもオレンジジュースを飲んだのですが
屋台ならどこも4dhで
中でも、ここのNo.44のお店が一番甘くておいしかったです^^

 

ちなみにテイクアウェイ用にプラカップに入れると5dhです。

f:id:chihonakajima:20170415174937j:plain

 

まとめ

モロッコを旅している間中
どこでも飲めた「フレッシュオレンジジュース」でしたが

この広場の屋台で飲むジュースが

一番安くて美味しかった!!!!!

訪れた際はマストで飲んでいただきたい逸品です^^

 

【関連記事】

モロッコ旅行記 食 カテゴリーの記事一覧 - CHIHO’s blog

chihonakajima.hatenablog.com

chihonakajima.hatenablog.com

モロッコ1人旅行記 マラケシュのおすすめの安宿 『ホステル レインボー』への迷わない行き方!!!【写真・図解付き】

f:id:chihonakajima:20170415140537j:plain

 

こんにちは CHIHOです。

 

今回はこれで誰でも自力で行ける
マラケシュおすすめの安宿

ホステル レインボー Hostel Rainbow への行き方

を解説します^^

 

私はやむなく案内人に連れられて
ガイド料を交渉するなどの徒労に終わったので
そんな苦労なくとも行けるように綴っていきます~^^

 

 

地図と詳細

f:id:chihonakajima:20170415145038p:plain

ほとんどの人がジャマ・エル・フナ広場へはタクシーで行くと思うので
広場に入れない時間帯の時には
赤の星印1~4の辺りで降りることになるかなと思います。

私は★2で降車したので
そこから地図の黄色い線をたどって迷わず行けば
10分ほどでホステルレインボーにたどり着けます。

 

写真も使って

f:id:chihonakajima:20170415145303j:plain

地図★2からの眺めです。

左側に緑地帯、右側にはお店などが並んでいます。

ここを直進するとジャマ・エル・フナ広場へ出ます。

f:id:chihonakajima:20170415145644j:plain

ここから広場のふちを右に沿って進んで行くと
しばらくして地図★5の場所に
Hôtel Restaurant Café de France
が右手に出てきます。

f:id:chihonakajima:20170415150152j:plain

(Hôtel Restaurant Café de France)

時間帯にもよりますが
店前のオープンカフェで欧米人がよくお茶をしてました。

その左隣に道があるので
地図にあるように黄色い線をたどって右に曲がります。

f:id:chihonakajima:20170415150515j:plain

写真でいうとこの正面の道を進みます。

すると地図★6の場所で分かれ道が現れるので
写真の黄色い矢印のように左に曲がります。

f:id:chihonakajima:20170415151036j:plain

カフェレストランの道を曲がってから
ここにたどり着くまで分かれ道などはないですが
HOTEL AMIRA
の看板も目印にしてみてください。

f:id:chihonakajima:20170415151311j:plain

すると一段と細いこのような道に出るので
そのまま左サイドに注意しながら進みます。

f:id:chihonakajima:20170416131357j:plain

しばらくすると左に白枠で囲んだような路地への入口が現れ
壁に『RAINBOW』の文字が!!!

f:id:chihonakajima:20170415151502j:plain
この路地を入っていきます。

入っていくとこんな感じです。

f:id:chihonakajima:20170415151812j:plain

さらに細くなりお店もない路地ですが
そのまま進むと

f:id:chihonakajima:20170415152050j:plain

このような青いタイルで飾られたドアが右手に現れます。

これがホステルレインボーの入口です。

場所は地図の青い星で表したあたりです。

ドアはたいていロックされているので
白丸にあるブザーかドアをノックして待っていると
内側から開けてくれます。

 

以上、ホステルレインボーへの迷わない行き方でした!!!w

 

ホステルレインボーの詳細はこちらをどうぞ^^

chihonakajima.hatenablog.com

 

 

【関連記事】

chihonakajima.hatenablog.com

chihonakajima.hatenablog.com

chihonakajima.hatenablog.com