CHIHO’s blog

ワクワク地球のガイド人

インドネシア旅行記 【バリ編】 Kuta Beach 空港から一番近いビーチ クタビーチはこんなところ

f:id:chihonakajima:20171218103703j:plain

 

こんにちは CHIHOです。

 

今回はバリ島で私が訪れた
空港から一番近い場所にある
クタビーチ Kuta Beach
の様子を綴っていきます^^

 

*価格表記はこんな感じで省略して書いてます。
 (例)1000IDR=1kIDR=約8.3円  

 

 

地図とルート(徒歩編)

f:id:chihonakajima:20171218105652p:plain

空港のそばのホテル(MAP★1)に宿泊していた私は
散策がてら歩いてビーチを目指してみました。(青ルート)

クタには大きく2本のメインロードが南北に走っており
私はビーチ側にある
カルティカ・プラザ通り JL Kartika Plaza
にまず出てみることにしました。

通りの景色を楽しみながら進んで行くと
日系のそごう百貨店も入っている
ディスカバリー・ショッピングモール(MAP★2)
Centro Discovery Shopping Mall
という大きなショッピングモールが出てきます。

10:00-22:00の営業時間内であれば
このモールを通り抜けて海岸に出ることが出来
海の景色を楽しみながら
潮風に吹かれてのんびり歩けるのでおすすめです^^(緑ルート)

それ以外であればさらに進み
クタ・アート・マーケット通り JL Kuta Art Market(MAP★3)
かその先にある
ラヤ・パンタイ・クタ通り JL Raya Pantai Kuta(MAP★4)
で西に(左に)曲がるとゲートが見えてきてビーチに出られます^^

空港からは
ショッピングモールまで15~20分
クタ・アート・マーケット通りまで25~30分
ラヤ・パンタイ・クタ通りまで30分前後

そこから多少距離の違いはありますが
5~10分ほどでビーチに出ることが出来ます。

f:id:chihonakajima:20171218111306j:plain
舗装道の様子
このまま進むと砂浜に続く

f:id:chihonakajima:20171218111348j:plain
ビーチのゲート
★4でラヤ・パンタイ・クタ通りに出るので
西へ曲がり進むとこのゲートが見えてくる

 

さすが、別世界w

コモドドラゴンに逢うためにこの旅を決めた私だったので
バリ島は移動の拠点として考えており
ましてやビーチになどほとんど興味が無かったのですが
いざ行ってみると。。。。。別世界!!!(笑)

皆がリゾート地としてこぞってやって来る気持ちが
理解できた瞬間でした。

 

めちゃ広い!!!

クタビーチは弧を描く形をしているので
砂浜へ出ると左右に一望でき
その広さに圧倒されました~

南は空港の方へ
北はレギャン・スミャックなど
クタより以北の街へと続いているので
ホントにホントに広かった~

f:id:chihonakajima:20171218104118j:plain
南側の眺め

f:id:chihonakajima:20171218104150j:plain
北側の眺め

 

きれい★

後に調べてみるとこのバリ島のビーチでも
ゴミなどでの環境破壊を懸念するニュースなどを知りましたが
実際に私が訪れたエリアは
掃除のおばさんたちがたくさんいて
ゴミ箱もあったので
きれいな印象しか残っていません。

 

おすすめの時間帯

私は
午前中・昼過ぎ・夕方
と3回ほどクタビーチに足を運んだのですが
一番のおすすめは夕方~

ビーチが島の西側にあるので
沈む夕日を見ることが出来
太陽も傾いてくるので涼しくなっていきます。

雲のあり方で
水平線に沈む様子が見られるかどうか運任せではありますが
のんびりまったりとした時間が過ごせました。

また
他の陽のある時間帯も陽射しが強い分
海の青と砂浜の白のコントラストがきれいなので
こちらもおすすめです^^

砂浜には樹木が植えられていたので
木陰で直射日光を避けることもできます。

f:id:chihonakajima:20171218104231j:plain
夕暮れ時
引き潮と重なって波打ち際が遠くに

 

サーフィンもできる

私はしなかったのですが
砂浜を歩いてると
「サーフィンをしないか?」
とめちゃくちゃ声を掛けられます。

それは午前中に歩いていたときなのですが
ニコニコ愛想よく声を掛けてくる人たちはほぼ
サーファー

基本英語が出来るようですが
そのレベルは様々でした。

実際に相場を知りたいなぁと金額を聞いたところ
1時間か2時間で(←あやふやですいません)
200KIDR(1700円弱)
これでボードも付いてきて
教えてもらうことが出来ます。

「やったことない」と答えても
「大丈夫だ!」と応えてきたので
初心者でも出来るようです。

興味のある方には
お手軽な金額だろうなと思いました。

多分交渉すればもっと安くなるかもしれません^^

f:id:chihonakajima:20171218104303j:plain
サーフボード
いろんな場所でボードを見かけることが出来る

 

シャワーなどは有料

シャワーなどの設備は
有料で利用することが出来ます。

足を洗う 2KIDR cuci kaki と表記
シャワー 3KIDR
着替え 2KIDR gunti baju と表記
トイレ 3KIDR

私が見たのは大きなゲートのそばなど
利用客の出入りが多い場所でした。

f:id:chihonakajima:20171218104333j:plain
更衣室・シャワーなどの小屋
ゲートの隣にあった

 

飲食もできる

ビーチの一角には
お食事処が集まっている場所や
飲み物やスナックなどは砂浜に点々としていました。

また海沿いに建っているホテルでは
レストランもあるので
予算や環境に合わせてセレクトできます。

私はローカルフードの屋台を見つけ
地元の人がワンサカいたので
「きっと美味しんだろう~」
とトライしました^^

f:id:chihonakajima:20171218104416j:plain
ビーチにあった食堂街
砂浜からは奥まった場所にある
価格はピンキリだったが街中と変わらない

f:id:chihonakajima:20171218104439j:plain
売店

f:id:chihonakajima:20171218104531j:plain
ホテルのバーレストラン
ショッピングモール界隈の舗装道上にある
海を眺めながら過ごせるがやはりお高め

 

まとめ

クタの街を散策していると
自然にビーチにも行けるような立地だったので
愉しみながらたどり着くことが出来ました^^

全く興味のなかった私でも
結構愉しめたので

ボーっとしたい方
サーフィンをしたい方
泳ぎたい方

などにはおすすめのスポットです^^

 

 

【関連記事】

MAP★1ー滞在したホテルの詳細はこちらをどうぞ^^

インドネシア旅行記 【バリ編】 空港から超近い!!! おすすめの宿はGowin Hotel - CHIHO’s blog

インドネシア旅行記 バリ島 カテゴリーの記事一覧 - CHIHO’s blog

インドネシア旅行記 カテゴリーの記事一覧 - CHIHO’s blog

 

 

 

【佐敦】 香港の大行列人気店 『澳洲牛奶公司』で念願の牛乳プリンをいただく!!! 

f:id:chihonakajima:20171217121311j:plain

 

今晩は CHIHOです。

 

今回は
以前から見かけて気になっていた大行列店
澳洲牛奶公司 Australia Dairy Company
タイミングよく行列の少ない時に入店出来たので
そこでいただいた有名な牛乳プリンについて
綴っていきます^^

 

*1HK$(香港ドル)=約14.5円で換算(2017.12)

 

 

念願の入店果たす

時刻は夜の9時をまわった頃
今日の行列はどんなもんかと
夜景を見に行く途中で立ち寄ってみると
す、数人しか並んでない!!!

このお店
朝から晩までいつ見ても大行列が出来ていて
今までの訪香港ではいつも入店を断念していたのですが
ラッキー☆ツイてる!!

つい数分前に
義順の牛乳プリンを食べたばかりだったのですが
この機会を逃すまい!
まだまだお腹に余裕もあるし!!
と並ぶことを決め
数分後には無事に入店できたのでした~

f:id:chihonakajima:20171217121509j:plain
澳洲牛奶公司の外観
いつも人が並んでいる
これは少ない方

 

観光客には牛乳プリン

このお店
観光客には牛乳プリンで有名みたいですが
地元の人たちが並んでまで食べたいものは
実は別にあるのです~

それは後に分かるのですが
詳しいことは
また別の機会に綴ろうと思います。

とにもかくにも
初入店を果たした私は
さっそく牛乳プリンをいただいたのでした。

f:id:chihonakajima:20171217121538j:plain
お店の外観
たくさんの牛乳プリンがディスプレイを兼ねて並んでいる
ここは『義順』と同じ

 

牛乳プリンはこんな感じ~

ここの牛乳プリンはとっても濃厚で
義順のとは全くの別物でした。

掬った感じもモチッとしていて
それだけでも濃厚さが伝わってきます。

なのに口に入れた瞬間
とろ~っと溶けていくのです!

あっさりの『義順』
濃厚な『澳洲』
といった感じで
こちらはこちらでとても美味しかったです。

もちろん
熱(ホット)と冷(コールド)の2タイプあり
どちらもいただきました^^

暑い日には冷を
寒い日には熱を
と言った食べ方がベターかなと思います。

f:id:chihonakajima:20171217121602j:plain
やっと出会えた牛乳プリン♬
これは『冷』バージョン

f:id:chihonakajima:20171217121620j:plain
掬うとモチッとトロッとしているのが分かる

f:id:chihonakajima:20171217121637j:plain
牛乳プリンは蛋白燉鮮奶と表記
壁などにメニューが貼られており白枠がそれ
1個28元(=28HK$=約405円)

 

場所と詳細

f:id:chihonakajima:20171217130036p:plain

★澳洲牛奶公司 Australia Dairy Company

住所 香港、佐敦、白加士街47號
   47 Parkes St, Jordan, HK

時間 7:30-23:00

休み 木曜

香港、九龍半島サイドのメインロード禰敦道 Nathan Road から
西に2筋入った白加士街 Parker St にあります。

MTR佐敦駅C2出口より徒歩1分です。

f:id:chihonakajima:20171217121703j:plain
夜だとこのネオンサインが目印になる

 

狙い目の時間帯

私は今回
このそばにホテルがあったので
滞在中、行列を確認しやすく
計3回入ることが出来ました。

1.朝 8時前
朝7時半からオープンするので開店直後は狙い目。
また「出勤前に」というお客が多いので
回転も早く並んでもすぐに入れやすい。

2.夕 4時台
昼ご飯と夜ご飯の合間だったからか空席が多めだった。

3.夜 9時台
3回の中で一番並んだがそれでも5分ほど。
この時間は運も味方してくれた気がする。

ちなみに相席当然の香港食文化
1人だとスイスイ入れる場合も
人数が多くなると難しくなるので
その点には注意が必要です。

f:id:chihonakajima:20171217121741j:plain
店内の様子
お客と従業員でいつもギュウギュウ(笑)

 

まとめ

香港で牛乳プリンと言えば『義順』が大変有名ですが
今回初めて食べた『澳洲』のプリンも絶品でした。

チェーン展開している『義順』に対し
『澳洲』ここ1店舗しかなくいつも大行列なので
訪れたい方は私が運良く入れた時間帯を
狙っていく方がいいかもしれません^^

多少時間に余裕のある日程で行くのであれば
ぜひぜひ立ち寄って味わっていただきたい
至極の牛乳プリンでした~

 

 

【関連記事】

MAP★2ーもう一つの牛乳プリン『義順牛奶公司の記事はこちらをどうぞ^^
香港のスイーツ マカオ発祥の超有名牛乳プリン屋さん 『義順牛奶公司』に一度は行ってほしい^^ - CHIHO’s blog

MAP★1ー有名で激うまのエビ雲吞麺『麥文記麺家』の記事はこちらをどうぞ^^
香港で暫定一位のエビ雲吞麺は偶然見つけた『麥文記麵家』 ガイドブックにも載る有名店でした~ - CHIHO’s blog

香港 スイーツ カテゴリーの記事一覧 - CHIHO’s blog

香港 カテゴリーの記事一覧 - CHIHO’s blog

 

 

インドネシア旅行記 【バリ編】 激安!激うま!!超ローカル!!!おすすめお汁粉スイーツ💛 緑豆のブブール『ブブール・カチャン・ヒジョウ』

f:id:chihonakajima:20171217095647j:plain

 

こんにちは CHIHOです。

 

今回は街を散策してる最中
偶然見つけ安くて激うまだった
おすすめバリ島お汁粉
ブブール Bubur
 ~ブブール・カチャン・ヒジョウ Bubur Kacang Hijau
について綴っていきます^^

バリ人の優しさにも触れ合えた
至福のひと時でした~

 

*価格表記はこんな感じで省略して書いてます。
 (例)1000IDR=1kIDR=約8.3円  

 

 

ブブールとは

ブブールとはインドネシアで食べられる軽食の一つで
お米や豆類を煮込んだものを一般的に指すようです。

今回私がいただいたのは
緑豆を使ったお汁粉タイプで
主に朝ごはんとして食べると言っていました。

他にも
お米を煮込んだお粥のようなモノや
見た目は日本のお汁粉のような黒米を煮込んだモノなどもあるようです。

担ぎ売り以外にも
市場やレストランなどでも食べることが出来ます。

 

興味津々

バリ島の朝はまだ比較的涼しく
陽射しも耐えられる程度なので
日陰を選びつつクタの街を
歩いて散策してみることにしました。

そこで偶然見つけたのがこのブブールの担ぎ売り

最初は何を売っているのか全く分からなかったのですが
今までのアジアを旅した経験から
「おそらく食べ物、スイーツ系だろう」
と見当をつけた私は
先客と売り手であるおじさんの振る舞いを観察し始めたのでした。

f:id:chihonakajima:20171217095731j:plain
担ぎ棒を中心に集まる人々
左端のおじさんが売り子

 

親切な先客

そんな感じで様子をワクワク伺っていると
先に待っていたおばさんが話しかけてきました。

どうやらインドネシア語
「おすすめだよ。美味しいよ。」と言ってるようで
あまり通じない様子を見て
英語も交えて教えてくれました。

おじさんより多少英語のできたこのおばさんは
私に順番を譲ってくれ
さらに買うための手助け
つまり通訳となってくれたのでした。

 

外で食べてみる

ここで食べるのかお持ち帰りか尋ねられ
「ここで食べたいけどどうしたらいいの?」
と尋ね返すと
「あのコンビニの前のテーブルで食べればいいよ」
とな。

日本だとコンビニ側に怒られそうな展開ですが
見るとそのテーブルには先客が残していったお椀が~

どうやらここで食べるお客のために
おじさんはここで商売しているようでした。

お持ち帰りの場合
アジアあるあるでよく見かける
金魚すくいよろしく
ビニール袋に直に入れて渡してくれるのですが
ここで食べると宣言した私には
思いのほか陶器のお椀に注いで渡してくれました。

f:id:chihonakajima:20171217095811j:plain
お汁粉が注がれている

f:id:chihonakajima:20171217095832j:plain
コンビニ MINI MARTの前にあったテーブルを拝借

 

これがブブール・カチャン・ヒジョウ

緑豆をベースに
ココナッツミルク、砂糖、しょうがなどが入ったお汁粉に
蒸したもち米の固まりを2個入れてくれたのが
ここでいただいたブブール・カチャン・ヒジョウ

スープはサラサラしていて温かく
ほんのりした甘さと若干の塩気
ココナッツとしょうがはほんのり効いている程度の
優しい味わいでした。

私はあまりココナッツが得意ではないのですが
全く抵抗なく美味しく食べられたので
ココナッツが苦手な方でも食べやすいと思います。

甘すぎず癖もなくめちゃくちゃ美味しかったので
またバリへ行くことがあれば必食したい逸品となりました^^

日本でお汁粉だとお餅が入っていますが
ここでは搗いていない蒸してまとめただけのもち米に
『斬新かつお手軽だな』
と今後のスイーツづくりの参考にもなりました^^

これで10KIDR(約83円)はお得過ぎましたっ(笑)

f:id:chihonakajima:20171217095851j:plain
緑豆汁粉だがココナッツミルクで白っぽい
白い塊が蒸したもち米
食べ進めると崩れていき絶妙な食感に💛

f:id:chihonakajima:20171217095908j:plain
手を使いだしたので「なんだ?!」と思っていたら
この袋からもち米の固まりを2個取り出した(笑)

 

地図と場所

f:id:chihonakajima:20171217100016p:plainバリ島 クタ市街の JL Raya Kuta ラヤ・クタ通り沿いにありました

赤枠を拡大したのがこちら↓↓↓

f:id:chihonakajima:20171217100040p:plain
南北に走る JL Raya Kuta ラヤ・クタ通りを北上すると
寺院が見える場所でT字路になります。
通りの東には露店がずらっと並んでおり
西側の角にはコンビニ MINI MART があり
そのコンビニの前の路上でおじさんは売っていました。

f:id:chihonakajima:20171217103330j:plain
地図の青い部分にこういうマーケットが現れる

f:id:chihonakajima:20171217103347j:plain
T字路の交差点
右にあるのが寺院の門
青い車の向こうにコンビニがありおじさんがいた

f:id:chihonakajima:20171217102733j:plain
コンビニ側から見た景色
少し樹で見えにくいが赤い建物が寺院

 

まとめ

たまたま見つけたブブールの担ぎ売り
英語の通じないおじさんも
助けてくれたおばさんも
どちらもとてもいい方たちで
ブブールの美味しさと合わせて
とても幸せな経験が出来ました。

その後の散策でも
別の担ぎ売りを見かけたので
ブラブラしていれば出会えるかも^^

朝食として愉しまれているので
朝方探されるのをおすすめします^^

私の場合は8時台に出会えました~

 

 

【関連記事】

インドネシア旅行記 食 カテゴリーの記事一覧 - CHIHO’s blog

インドネシア旅行記 バリ島 カテゴリーの記事一覧 - CHIHO’s blog

インドネシア旅行記 カテゴリーの記事一覧 - CHIHO’s blog

 

 

 

インドネシア旅行記 【バリ編】 Uluwatu Temple 有名なウルワツ寺院の『ケチャダンス』公演の様子

f:id:chihonakajima:20171203134448j:plain

 

 

こんにちは CHIHOです。

 

今回は
ウルワツ寺院で観た
ケチャダンスの公演の様子
を綴っていきます^^

完全網羅ではないですが
舞台の様子を写真で5枚ほど載せているので
知りたくない方はご遠慮ください^^

 

*価格表記はこんな感じで省略して書いてます。
 (例)1000IDR=1kIDR=約8.3円  

 

 

いざ、開演

会場入りする観客の流れが続く中
1人の男性が現れて
舞台の中央にある燈台に火を灯し始めました。

そして開演の18時になり
半裸の男性たちが舞台に流れ込んできました。

f:id:chihonakajima:20171204101857j:plain
舞台に登場 ケチャ隊(勝手に命名)
「わぁーーーー(笑)」

 

だから『ケチャ』ダンス

男性たちは燈台を囲むようにして座ると
体を揺らしたり、ひざや背中をたたいたりしながら
リズムを取りつつ何やら発声していました。

まだまだ観客の流れでざわついている会場に加えて
私は上の方に座っていたので舞台からは距離があり
何を言っているのか
はっきりと聞き取れませんでした。

そのうちに耳に聞こえてきたのが
ケチャケチャケチャケチャ・・・

!!!

ケチャケチャ言うからケチャダンス!!!

私はケチャダンスについて全く調べないまま
チケット売り場でもらった紹介プリントも読んでいなかったので
この時に初めて
心から気づき、驚き、感心したのでした(笑)

f:id:chihonakajima:20171204103018j:plain
ケチャ隊の激しく揺れる様

  

ケチャダンスの様子

その後色んな登場人物が現れ
燈台とケチャ隊の間で踊りが披露されます。

物語に基づいて演技らしい踊りもありますが
聞こえてくるのはケチャ隊の発声する音楽だけでした。

f:id:chihonakajima:20171204103207j:plain
分かりにくいが『魔王』登場!!!

 

興奮のファイヤー

正直上の方に座ると舞台と距離があるので
細かい動きなどはよく分からなくなり
ちょっと飽きてきます(苦笑)

それを払拭するがのごとく始まるのが
ファイヤーの件~www

陽が落ちてからの演出なので
炎が舞台に映えて会場の雰囲気は一変します。

それに合わせたパフォーマンスもあるので
ヒヤヒヤ緊張感もハンパないっ(笑)

と盛り上がったのもつかの間
風にあおられて燃えている炎が客席へ!!!
さらなる緊張感に包まれる会場!!!

すぐさまスタッフが消火に現れ
演者と共に足で踏んでガンガン消す様に苦笑しつつも
盛り上がりはマックス!!!でした

f:id:chihonakajima:20171204103532j:plain

 

まさかのコール&レスポンス

公演の終盤
舞台中央に現れた演者が
マイクを使って英語で話し始めました。

今までの演者は全く言葉を発しなかったので
突然のことに驚きましたが
「レディース&ジェントルメン!」の第一声に
サーカスでいう団長か~と思いつつ
ケチャダンス公演が終わったことを知らされました。

お礼を言い早々と捌けると思いきや
面白おかしく話し続ける団長

そのうちに
「ヨーロッパから来た人ー!」
「イエーイ!」(ノリノリ)
「日本人ー!」
「イエーイ!」(小)
「マレーシア人ー!」
「イエーイ!」(大ノリノリ)
とコール&レスポンスが始まりました!

するとそばにいたインド人が
「インディア!インディア!」
と『インドと言ってアピール』を始め出すなど
リアクションから様々な国民性を垣間見つつ
会場は不思議な熱気に包まれ始めるのでした。

f:id:chihonakajima:20171204103720j:plain
舞台に呼ばれた観客が戻る様

 

撮影大会

大盛り上がりの中、団長が捌けると
観客は一斉に動き出しました。

よく見ると舞台中央付近では
先ほど舞っていた演者との撮影大会が始まっていました。

団長の会話に撮影云々があったのですが
これのことだったのね~と納得

帰る人と写真を撮りたい人で
ごった返す様子を横目に見ながら
私は足早に会場を後にしました。

 

まとめ

元々ケチャ隊の手を掲げる写真だけに惹かれて
観に行くことにしたケチャダンスでしたが
何も知らないままだった分
繰り広げられるショーはとても面白いものでした。

ここに書いた以外にも驚くような演出があり
現地物価に照らし合わせると
舞台の料金100KIDR(約830円)は
当初高く感じていましたが
観終わった今は一見する価値あり!!と
おすすめできる舞台です^^

 

 

 

【関連記事】

インドネシア旅行記 1day trip ウルワツ寺院 カテゴリーの記事一覧 - CHIHO’s blog

インドネシア旅行記 バリ島 カテゴリーの記事一覧 - CHIHO’s blog

インドネシア旅行記 カテゴリーの記事一覧 - CHIHO’s blog

インドネシア旅行記 【バリ編】 Uluwatu Temple ある意味必見?! ウルワツ寺院の超絶カオスなww『ケチャダンス』の実態

f:id:chihonakajima:20171204100040j:plain

 

こんにちは CHIHOです。

 

今回は
ウルワツ寺院で観た
ケチャダンスのカオスな実態
を綴っていきます^^

 

 

すでに始まっていた

開演30分前
すでに着席していた私は
陽が傾く海を眺めつつ開演の時を待っていました。

周りには
カップルに家族連れ
私のような一人旅人やグループ
団体ツアー客の姿もあり国際色も豊か

客席はすり鉢状の階段があるだけで
座席は1つ1つ区切られてはおらず
階段を上がるための通路はロープが張られているだけでした。

時間の経過とともに客席もさらに込み合っていき
「詰めて座るように」とスタッフの指示が飛び始めました。

いよいよ開演間近になっても
入ってくる観客の波は途絶えず
通路となっていた場所も
上段から座席として人で埋まり出しました。

私は終演後すぐに会場を出られるようにと
通路を示したロープ際に座っていたのですが
まもなく私の隣にも観客が座り
私の目論見は外れてしまうのでした。

   

これがカオス~

ケチャダンス自体も大変面白かったのですが
それ以上に度肝を抜かれたのが
キャパをはるかに越える観客数でした。

通常では考えられないのですが
開演後いつまで経っても観客が入ってくるのです。

1時間の舞台に対して
15分経っても
30分経っても
45分経っても
通常の舞台や映画なら入場ストップの状況でありながら
スタッフに先導されてやって来る観客たち~

そんな時間に入ろうとする観客もどうかと思いますが
入れてしまうウルワツ側もどうかしてるとしか思えない。

当然ですがすでに階段席は超満員で
だからこそ座らされたケチャ隊の背後
いわゆる地べたもパンパン状態
それでも観客はやって来ました。

どう見てもこれ以上は。。。という状態なのに
座っている人をかき分けて先導するスタッフは
観劇中の客に声を掛け
場所を詰めたり歩いて移動するよう指示

OMG!

その間立って待っている観客は
もちろん他の観客の視界を遮っているので
明らかに迷惑な存在

OMG!G!

しまいには詰め込み過ぎて
肝心の舞台のスペースが狭くなり
演者と観客がぶつかってしまう始末。。。

OMG!G!G!

ケチャダンスに注目したいところが
観劇中としてはあり得ない状況が逆に気になり
気づけばスタッフと観客の動きを目で追う始末でした(苦笑)

f:id:chihonakajima:20171204100114j:plain
カオスな例ー誘導するスタッフ(白枠)
まるで演者のような距離感。。。

 

f:id:chihonakajima:20171204100139j:plain
続きー誘導するスタッフと誘導される観客(白枠)
しゃがむなどの配慮無く。。。

 

カオスからのカオス

このイケイケどんどんの観客の詰め込み方は
新たなカオスを生み出しました。

それは
舞台の出入口を観光客が塞いでしまうハプニング

こんな状態だったので
舞台に集中する雰囲気は薄れ
まだまだ来る観客で舞台周りがギュウギュウになり
舞台の途中で帰る観客が出始めたのでした。

本来なら客席側にある出口を利用し
パフォーマンスに支障は出ないはずですが
出口から遠くに座った観客はあまりの人に移動が困難で
一番近くにあった舞台の出入口からの脱出を試みたのです~

それに触発されたのか
さらに他の観客も数人そこに向かったため
あろうことか
舞台の出入口に観客の列が出来てしまいました~

その時に
先ほどまで踊っていた演者が捌けるタイミングとなり
観客の最後尾に並んでしまう始末~

他にも
舞台に登場しようとした演者と
会場から出ようとしたお客が
この出入口でバッタリ!ぶつかりそうになったり~

そのたびに会場が
失笑や爆笑の渦となったのは言うまでもありません。

f:id:chihonakajima:20171204100212j:plain
ギュウギュウカオスな様子
半裸の人たちが演者
服を着ているのが観客
ありえない距離感でもはや一体化(笑)

 

まとめ

私は舞台正面側の上段エリアだったので
直接鑑賞を妨げられることはなかったものの
落ち着いて愉しむことは出来ず
気づけば舞台ではなく観客の動向を目で追っていました(笑)

通常の舞台などではクレーム炸裂の環境でしたが
あまりのカオス状態に
これはこれで滅多に見られないものを見たという満足感もありました(爆)

ケチャダンスをじっくり愉しみたい方にはおすすめしませんが
なかなか見られないものを見たいという方には
超おすすめのウルワツのケチャダンスです(爆笑)

 

 

 

【関連記事】

インドネシア旅行記 1day trip ウルワツ寺院 カテゴリーの記事一覧 - CHIHO’s blog

インドネシア旅行記 バリ島 カテゴリーの記事一覧 - CHIHO’s blog

インドネシア旅行記 カテゴリーの記事一覧 - CHIHO’s blog

インドネシア旅行記 【バリ編】 Uluwatu Temple 有名なウルワツ寺院の『ケチャダンス』時間や料金などなど

f:id:chihonakajima:20171203134448j:plain

 

こんにちは CHIHOです。

 

今回は
ウルワツ寺院で観た
ケチャダンス kecak Fire Dance
の時間や料金などの情報を綴っていきます^^

 

*価格表記はこんな感じで省略して書いてます。
 (例)1000IDR=1kIDR=約8.3円  


 

一目惚れ

インドネシアへは
コモドドラゴン』だけが目的で旅を決めた私は
目的を果たした後から日本に帰国するまでの間
どうバリ島で過ごそうかと考えていました。

あまり費用や労力をかけたくないし。。。
と思いながら見つけたのが
ウルワツ寺院の名物ケチャダンス!!!

たくさんの人が夕暮れの空に向かって
手を上げている写真を見た瞬間
ここでしか見られない感、ンパねぇ!!!(笑)

場所を調べると
他の観光名所よりも空港に近く
立地的にも私にとって好都合だったので
ドラゴンに続いての目的となりました。

f:id:chihonakajima:20171203134548j:plain
両手をあげるケチャ
これが観たくて訪問決定~w

 

ダンスは夕方

ウルワツでのケチャダンスは
毎日夕方18時~19時の公演
これだけを観に行くなら昼過ぎからで充分

実際、観劇した当日は
昼頃のフライトでフローレス島から戻り
バリ島のホテルにチェックインという流れで行動していたので
一息つく頃にはウルワツへ行くのに良い時間帯となり
そのまま車をチャーターして行くことにしたのでした。

 

ダンスは別料金

ケチャダンスの公演会場は
ウルワツ寺院の敷地内にあり
寺院への入場料とは別に鑑賞料が必要です。

会場の手前にチケット売り場があり
100KIDR(約830円)
ここでは他にプリントが1枚もらえます。

それはいわゆるパンフレットのようなもので
日本語表記でケチャダンスのことが紹介されています。

私は案内してくれたドライバーさんが全てやってくれたので
売り場をじっくり観察することはできなかったのですが
たくさんのプリントがぎっしり山積みにされていたので
いくつかの言語に対応できるように準備されてるようでした。

f:id:chihonakajima:20171203134630j:plain
ケチャダンスチケット

f:id:chihonakajima:20171203134701j:plain
日本語版プリント
『渡される』ではなく『自分で取る』スタイル

 

祈りのダンスではない

寺院でダンスということで
ケチャダンスとは『神に祈りをささげる踊り』かと
すっかり思い込んでいたのですが
ケチャケチャ歌いながら繰り広げられる舞踊劇でした。

内容は簡単にいうと
ヒンズー神話に基づく王国が舞台のお話
売り場にあるプリントにストーリーが紹介されていました。

一目惚れした手を上げている男性たちが
中央の炎を囲むように座って舞台を作り
ケチャケチャ言いながらリズムを取って歌います。

その音楽に合わせて
王や妃、サルの将軍などが演じ踊るというもので
ご祈祷のような神聖で神秘的なものではなく
神話がベースでありながらも
あくまでもショー、エンターテインメントでした。

 

荷物検査

石のゲートでチケットを見せて入場すると
荷物検査を受ける必要があります。

険しい表情のおじいさんに
カバンの中を目視確認されたのですが
まあまあ乱雑です(苦笑)

英語は通じなかったので
されるがままに身を委ねました(笑)

クリアすると
「よし!」といった顔つきで若干表情が緩み
親指を立てて教えてくれます(笑笑)

これで晴れて座席に向かうことができます。

 

良い場所はお早めに

会場はセンターに舞台があり
すり鉢状の階段席が半円形に取り囲むような造りになっています。

座席は指定ではなく早いもの順で
私がまず会場入りした17:15頃には
すでに舞台正面の席は混みあっており
全体的に6割ほどが埋まっていました。

ドライバーさんに促されるまま会場入りした私は
まだ寺院内で見たい場所があったので
いったん会場を出ることにしました。

再入場は可能でチケットを見せればOK

辺りを散策し再びゲート、荷物検査を通過して
客席に着いたのが17:30頃
さらに客席は混みあっていて7~8割方埋まっていました。

私は1人だったので
舞台正面右側の上段辺りに空いてた場所に
上手く座ることが出来ました。

f:id:chihonakajima:20171203134838j:plain
センターにある舞台は見下ろす感じ

 

私が思う観劇のベスポジ

おすすめは2か所

  1. 舞台正面の中段
  2. 舞台周りの下段

1はまさしく正面から全体を見渡せる上に
舞台からの距離が適度なので言わずもがな良い場所です。

2はケチャケチャ担当の男性たちのそばなので
「迫力が違うだろうなぁ」と観劇中に思った場所です。

ただ公演中
観客の出入りは自由なので
2の出入口近くなどは行き来する人が視界に入り
落ち着かない様子が見られました。

迫力を取ると間近で見られますが
煩わしさも付きまとう悩みどころのポジションです。

ちなみに
どの場所に座っても出入りが自由なだけに
この煩わしさに遭うのは運次第でもあります。

f:id:chihonakajima:20171203134803j:plain
入口側の客席
下段辺りはのちにカオスとなる

 

まとめ

マメ知識として活用してもらえたら幸いです^^

その他の詳細などはこちらをどうぞ^^

インドネシア旅行記 【バリ編】 Uluwatu Temple 夕陽がきれいなウルワツ寺院へ ホテルのチャーター車で行く - CHIHO’s blog

インドネシア旅行記 【バリ編】 Uluwatu Temple 夕陽がきれいなウルワツ寺院へ 寺院の様子と巡り方 - CHIHO’s blog

 

次回は
これだからこそ行ってほしい!!!
ウルワツケチャダンスのカオスな実態を綴ります~^^

 

 

 

  

【関連記事】

インドネシア旅行記 1day trip ウルワツ寺院 カテゴリーの記事一覧 - CHIHO’s blog

インドネシア旅行記 バリ島 カテゴリーの記事一覧 - CHIHO’s blog

インドネシア旅行記 カテゴリーの記事一覧 - CHIHO’s blog

 

インドネシア旅行記 【バリ編】 Uluwatu Temple 夕陽がきれいなウルワツ寺院へ 寺院の様子と巡り方

 

f:id:chihonakajima:20171201125549j:plain

 

こんにちは CHIHOです。

 

今回は
ケチャダンスを見たくて訪れたウルワツ寺院での
中の様子やポイントなどを
綴っていきます^^

 

*価格表記はこんな感じで省略して書いてます。
 (例)1000IDR=1kIDR=約8.3円  

 

 

地図

f:id:chihonakajima:20171202130723p:plain
空港近くのホテルとウルワツ寺院
距離は30kmほどで車で1時間前後 

f:id:chihonakajima:20171202130747p:plain
ウルワツ寺院 敷地の様子
★T1-寺院入場チケット売り場
★T2-ダンス会場チケット売り場
☆MP-おすすめ待ち合わせポイント
太赤線は施設内移動ルート
細赤線はチャーター車と出入口間の移動ルート

 

まずは車で入場

寺院が近づいてくると料金ゲートが現れて
車乗り入れの支払いが必要になります。

5KIDR(約40円)

今回はドライバーさんに請求されて
私が支払いました。

ツアーやドライバーさんによって
どちらが払うのかまちまちなので
気になる方は申し込み時に確認した方がベターです。

  

駐車場から入口へ

ゲートを通過すると駐車場に着きます。

寺院の様子などは全く調べずに行ったので
位置関係などちんぷんかんぷんでしたが
予想に反してドライバーさんが道案内をしてくれたので
先導されるままチケット売り場へ行きました。

入場料は30KIDR(約250円)

到着したのは17時をまわった頃で
たくさんの観光客がいましたが
運良く並ばずにすんなりチケットが買えました。

f:id:chihonakajima:20171202130821j:plain
チケット売り場
左に2つ窓口がある
右はサロンなどレンタルできる場所(無料)

 

これが正装

イスラムのモスクのように
バリ島のヒンズー教寺院でも
肌の露出はNG(特に短パン)

これは調べていたので
暑い中長いパンツを履いて行ったのですが
これだけでは不十分でした~

レンタルサロンの中には
ネクタイのような腰帯(スレンダンというらしい)があり
これを腰に巻く必要があります。

チケットだけを手にし
長いパンツで意気揚々としていた私は
ドライバーさんに連れ戻され
スレンダンを手渡されたのでした(笑)

f:id:chihonakajima:20171202131537j:plain
誰もかれもがこの腰帯スタイル
ちなみにこの人はドライバーさんではないです

 

敷地は広い

多少アップダウンのある敷地には
石像や建物が点在しており道も舗装されていて
寺院というよりは整備された公園といった感じです。

ケチャダンスの公演時間のせいか
観光客も多くて
寺院という厳かな雰囲気とはかけ離れていました。

f:id:chihonakajima:20171202142942j:plain
逆光の石像

f:id:chihonakajima:20171202131651j:plain
熱帯雨林植物園といった趣

 

サルがいる

道案内に「モンキーフォレスト」の文字があり
どうやらサルがいるみたいなのですが
ドライバーさんは英語がダメなので
詳細は分からないまま進んで行くと

ババーン!
サル登場!!
もち、野放し!!!ww

結局フォレストなる所へ行かなかったので
そこの様子は分からないままですが
わざわざ行かずともサルを見ることはできました。

あまり近寄らなかったですが
観光客には慣れているようで
攻撃的な様子を見ることはなかったです。

f:id:chihonakajima:20171202131717j:plain
サルとおじさん
何気に同じポーズ?!(笑)

 

ウルワツ寺院へは階段

岸壁に建つ寺院へは狭い階段が設けられ
上る人と下りる人でごった返しています。

上っていくと中腹には見晴らし台があり
撮影スポットになってました。

先はさらに狭くなり観光客でわさわさ~
ゆっくりすることはできず
手を合わせてお参りする様子は見られませんでした。

もっと先に進めば
そういうエリアに出られたのかもしれません。

f:id:chihonakajima:20171202131740j:plain
岸壁に建つ赤い屋根のウルワツ寺院
見晴らし台にもなっていた
上っている最中は左端の塔に気づかず。。。

f:id:chihonakajima:20171202142913j:plain
見晴らし台から見た景色

 

ケチャ会場

寺院への階段近くに
ケチャダンス鑑賞のためのチケット売り場があります。

100KIDR(約830円)

注意するのは
このチケット売り場とケチャ会場結構遠い!!!
チケットを買い忘れたらげんなりする距離感です~(苦笑)

実際チケットを買わずに来た欧米人観光客が
会場入り口で「チケットをまず買って来い!」
とスタッフに追い返される気の毒な場面を目撃しました。

会場はすでにかなり込み合っていたので
ここでのタイムロスは席確保にも命取りに~
くれぐれも注意が必要です。

f:id:chihonakajima:20171202131817j:plain
ケチャダンスのチケット売り場
気づかず通りすぎると命取り

f:id:chihonakajima:20171202142845j:plain
チケット売り場(左)と会場(右)
これだけ離れている

f:id:chihonakajima:20171202131841j:plain
会場の入口
右で荷物検査

 

帰り道は別

自由に散策している時は
来た道を戻ることもできますが
ケチャダンスを鑑賞した後は
出口へ向かう流れが出来ています。

一応街灯はあるものの
公演後はすっかり暗くなり
合わせて周りの景色の様子も変わっているので
迷う可能性があります。

不安な方は
下見をしておくか
地図を頭に入れておくか
ガイドやドライバーさんと待ち合わせするのをおすすめします。

ちなみにおすすめのポイントは
地図の☆MPのあたり

会場近くは人でごった返していましたが
少し進むとここでT字路になり
道幅も広がるので落ち合いやすいと思います。

f:id:chihonakajima:20171202131717j:plain
分かれ目のT字路
左が敷地内へ戻る道
右が出口へ続く道
この時はたまたまサルを撮っただけで
帰り道になるとは知らなかった

f:id:chihonakajima:20171202131913j:plain
出口への坂道
先ほどのT字路を右へ曲がると現れる
夜になると雰囲気は変わる

  

返却を忘れずに

公演会場そばの出口から出ると
駐車場までの間に建屋があり
そこでサロンや腰帯を返却できます。

明かりがついて目立っているので
見落とすことはないと思いますが
持って帰ってしまわないように要注意です。

 

まとめ

思いのほか寺院は広く観光客も多いので
じっくり廻りたい方は
余裕をもって行くことをおすすめします。

またケチャダンスを見るのなら
帰り道は完全に暗くなります。

一応街灯はあり
人の流れもできているので
懐中電灯などなくても大丈夫ですが
やはり雰囲気が変わるので
これらを少しでも参考に
迷うことなく安心して愉しんでもらえたら幸いです^^

 

 

 

【関連記事】

インドネシア旅行記 1day trip ウルワツ寺院 カテゴリーの記事一覧 - CHIHO’s blog

インドネシア旅行記 バリ島 カテゴリーの記事一覧 - CHIHO’s blog

インドネシア旅行記 カテゴリーの記事一覧 - CHIHO’s blog 

ウルワツ寺院HP(インドネシア語)➡Obyek Uluwatu